ゲーだらプロク

ゲームだらだらプレイ録の略、ってレベルじゃねぇぞ!

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP


【シュタインズ・ゲート】プレイ日記その2

『Steins;Gate』 ] 2010/11/29(月)

ネタバレなし。


エンディングを3つ見た。
リストによると全部で6つのようだ。

前回のプレイ日記その1ではチャプター6の途中だった。
そこからググッとアクセルを踏み込まれたような印象。
主人公が動き回り、物語もどんどん動く。

お、面白い!


このゲームの主人公はギャルゲーだけど、ものすごくキャラクターが立っている。
俺は多くのギャルゲーをプレイしたことはないので、あまり比べちゃいけないんだろうけど。

ギャルゲーの主人公が顔が映ることがないことも多い。
名前を自分で好きに変えることができることもある。
セリフはあるが、あまり変な発言はしないキャラが多い。

つまり、ギャルゲーは主人公にプレイヤーを投影させることを目的としている。


でも、シュタインズゲートの主人公のオカリンはとても独特。
プレイヤーでも最初は主人公との距離を置きたくなるのではなかろうか。
簡単に言うと。ウザい。めんどくさい。うるさい。
こんなやつだ。


でも話が進むほどにオカリンに共感していく自分に気づく。

このゲームではメールや電話に応答するか、しないか、が選択肢となっている。
なっている電話を無視することも出来る。
メールを送らなければならないタイミングで、送らないという選択も出来る。


これ、オカリンはすごく悩む。
そしてプレイヤーである自分もすごくコントローラのボタンを押すのに躊躇しているのに気づく。
物語が進むにつれて、プレイヤーは主人公に親近感がわくのは間違いないと思う。思いたい。



いまね、すっごく緊迫しているシーンでセーブしてるんだ。
早く続きをやりたい。
気になるっ!
でももう寝なければならない。
「昨日の夜は、睡眠時間を削ってゲームやっちゃったよー」というゲーマーが言うウザいセリフを俺も吐けと言うのだな!ああ、分かっている。大丈夫だ、機関には気づかれていない。心配するな。

エル・プサイ・コングルゥ
23:47 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP



トラックバックURLは http://sigsig714.blog95.fc2.com/tb.php/573-99b92fe9

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| このページの先頭へ |

ブログと管理人について

あきんどー

Author:あきんどー
ゲームプレイ日記がメイン。



安西先生 ゲームがしたいです



【好きなモノ】
総プレイ時間表示
オープニングデモ
2周目引継ぎ
チェックポイント(コンティニューポイント)
ボス戦

【嫌いなモノ】
時間制限イベント
無限ループ
強制スクロール
ロード時間


当ブログはリンクフリーです。

カレンダー

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

カテゴリ

ブログ内検索

シュタインズ・ゲート 比翼恋理のだーりん

twitter_bg2.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。