ゲーだらプロク

ゲームだらだらプレイ録の略、ってレベルじゃねぇぞ!

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP


【428 ~封鎖された渋谷で~】プレイ日記その4

『428 ~封鎖された渋谷で~』 ] 2010/10/05(火)

本編をクリアした!
P2010_1005_224427.jpg

面白かったー!!
たまに何ヶ所ものも選択肢が同時に正しくなければ進められないところがあるので、そこは難しいが基本的にサクサク進む。
先が気になるゲームなのでこのぐらいの難易度でいいと思う。

この『428』は公式に『街』の続編と言われているわけではないけど、システムは完全に『街』をバージョンアップした形。
実質の『街』の続編といって差し支えないだろう。
ゲームを進めていると『428』の舞台の渋谷は、『街』の渋谷の10年後であるような記述がありニヤリとさせる。
俺は3つだけ見つけたけど、もっとたくさん繋がりを示す細かい記述があるんだろうなー。


『街』は運命が交差し、その結果誰かの行動は別の人の行動に影響する。という面白いシステムだったわけだ。
でも『街』の主人公7人のシナリオの内容の方向性はバラバラ。

主人公達は一人で自分のシナリオを作っていき、その主人公にとって他の主人公は脇役キャラ。
でもグッドエンドにいたるためには、そんな脇役の行動がとても大事。
だから7人主人公全員を上手く操って、7人のグッドエンドを見つけよう。

そんなかんじ。


『428』も基本は一緒。
一人の主人公にとって、その他は脇役。
脇役に助けられながら「自分の」最良の道を進む。
でも今回の主人公はみなひょんなことからある大きな陰謀へと近づいていくことになる。
『街』ではみんながバラバラのシナリオを歩んでいた。
しかし『248』では個別のシナリオはあるけど、それは内容としてはバラバラではく、一つの大きな事件にみんなが繋がりがあり、「自分の」最良の道だけではなく、「全員が関わる事件の」最良の道を探すことになる。
これは最後までダレることなくプレイできる大きな理由だ。

ラストの展開は手に汗握った。
そして、物語は終末を迎えた。

スタッフロール→最後の会話シーン→THE ENDの表示→サブシナリオの予告篇が流れる→白の栞獲得

あまり覚えてないが確かこういう流れだった。


本編をクリアすると白の栞がもらえる。
これはチュンソフトのサウンドノベルのお約束事。
その後にサブシナリオやらを見ていくと、金の栞とピンクの栞がもらえる……ハズ、今までの流れなら。
金とピンクがどっちが先だったか忘れちゃった。
白は誰でもクリアすればもらえるのだけど、それ以上はある程度やり込まないといけない。
いつも面白い仕掛けを用意してくれるので、一筋縄ではいかず、それがやる気を引き出してくれる。

とりあえず、自力で出来るところまでは攻略サイトの助けを借りずに進めていきたい。

そういえば、妹のデータは栞が表示されていないんだよな。
もしかして終盤の終盤までは行きつつも、物語のラストは時間がなくて見れずにやめざるをえなかったではなかろうか?
そんな疑問が浮かんだ。
今までネタバレが怖くて手を出せなかったが、今日クリアしたので妹のデータを起動してみた。

ちゃんと最後のエンドまでたどり着いていた。
前述の通り、最後の流れは
スタッフロール→最後の会話シーン→THE ENDの表示→サブシナリオの予告篇が流れる→白の栞獲得

俺が予想するに、スタッフロールが流れた時点かTHE ENDが表示されてすぐにタイトルに戻ってしまったのではないか。
ゲームを普段からする人ならば、スタッフロールが流れても、「終わり」や「Fin」や「THE END」が表示されたとしても、すぐに電源を切ることはないかと思う。
終わったと思わせて、最後にエピローグが存在する作品も多いし。
2周目にセーブデータを引き継げる画面が現れる場合も多い。
ある程度ゲームをする人ならば、どんな操作をいれても動かなくなるか、オープニングに戻るまでは電源を切ることはない。

でも妹は普段ゲームはやらない。
数年前にケイタイでドラクエ2が配信されて、それを毎日のようにやっていたけど。
それはケイタイにプリインストールされていたからであって、あくまで暇つぶしの一つだったのだろう。
基本的にゲームはやらないっぽい。
そんな普段ゲームをやらない人だから、「THE END」が表示されてすぐに電源を切っちゃったんだろうね。


しかし、それは実は最良の判断だったのかもしれない。
そのままスタッフロール後もみていたら、サブシナリオの予告篇が流れちゃうわけだ。
そうなると気になってしまうに決まっている。
でも、正月にプレイしていた時は、一人暮らし先へと戻る時間との戦いだったのだから。
隠し要素の存在を知らないままで終われたのは良かったことだと思う。

うん、来年の正月に妹がヒマをもてあましていたら、1年ぶりにこのゲームを再開してほしいな!


また、妹がスタッフロールあたりで電源を切ってくれたから、ボーナスコンテンツに何も現れていない状態で俺はプレイできた。
ボーナスコンテンツは3つのセーブデータで共有だから、妹が白の栞を手にする段階まで進んでいたら俺は(さほど重要ではないが)ネタバレを見ちゃっていただろう。

偶然ではあるが、妹のプレイ終了のタイミングは最適であった!

さて、俺はこれから本編以外の遊び要素を楽しませてもらおうじゃないか!!
23:51 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP



トラックバックURLは http://sigsig714.blog95.fc2.com/tb.php/557-988920b0

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| このページの先頭へ |

ブログと管理人について

あきんどー

Author:あきんどー
ゲームプレイ日記がメイン。



安西先生 ゲームがしたいです



【好きなモノ】
総プレイ時間表示
オープニングデモ
2周目引継ぎ
チェックポイント(コンティニューポイント)
ボス戦

【嫌いなモノ】
時間制限イベント
無限ループ
強制スクロール
ロード時間


当ブログはリンクフリーです。

カレンダー

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

カテゴリ

ブログ内検索

シュタインズ・ゲート 比翼恋理のだーりん

twitter_bg2.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。