ゲーだらプロク

ゲームだらだらプレイ録の略、ってレベルじゃねぇぞ!

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP


2009年度 個人的ゲーム満足度ランキング

管理人独断ランキング ] 2010/04/03(土)

もう4月だ。
一年に一度の当ブログの大型企画!!(と勝手に思って楽しんでいるので温かい目で蔑んでください)

2009年度(2009年4月~2010年10月)に俺がプレイしたゲームで印象に残っているものをランキング形式で書く。
もっとも面白かったものが一位というわけではなく、思い出深いものや真剣に取り組んだものが上位。

去年の記事はコチラ


【1位】ファイナルファンタジーVII(PS)
2009年度のランキングなのに1位は1997年に発売されたソフトだ。
発売当時はそのグラフィックでゲーム業界を震撼させ、プレイステーションとセガサターンのシェア争いにおいても大きな役割を担ったソフトだ。

2009年の4月にゲームアーカイブスで配信されたので再プレイした。
パッケージ版は発売日に買い、弟とテレビを取り合い楽しくプレイしていた思い出のソフト。
それがPSPという携帯機でプレイできるとはね。
十数年前に初代のゲームボーイで白黒のテトリスやマリオやポケモンをプレイしていたときは想像できない進歩だよなぁ。

1位に持ってきたのは、思い出が詰まっているゲームだという理由がまず一つある。
プレイ時間も2009年で一番多いことも理由の一つだ。
アホなチャレンジをたくさんして自己満足に浸り、時間の無駄遣いの極致を見せてやったぜ(2010年4月現在進行中)。
またアクセス数がほとんどなかったこのブログが、FF7関係の検索ワードでなぜか上位にくることがあり俺がブログを続けるモチベーションともなった。

ゲーム単体で見れば、戦闘のバランスがすごく良いわけではないというRPGとしては致命的な部分もあるかもしれないが、俺はとても楽しめた。
また十年くらいしたら最初からプレイしたい。
そう思えるゲームだね。



【第2位】ドラゴンクエストV(PS2)
ファイナルファンタジーとドラゴンクエストがワンンツーフィニッシュ!
1000円で中古で2010年の一月に買った。

スーファミ版はプレイしたことがなくPS2版を数年前にプレイしたんだよね。
その時に初めてドラクエ5のストーリーを知り、めちゃくちゃ面白かった。
借りたものだったので、手元に残しておきたいと思い中古で買った。
すぐにプレイするつもりはなかったのだが、ちょっと始めてみたらエンディングまでやめられない面白さがあった。

1位と2位がともに昔のソフトだし再プレイだし、有名すぎる日本の2大RPGだけどやっぱり個人的にランキングをつけちゃうとこうなる。

PS2版は戦闘スピードが速く、とにかく快適。
モンスターが仲間になるシステムがあるため戦闘スピードが速いのは大歓迎!
いやまぁ、普通のRPGならだいたい速いほうがいいか。

ストーリーも親子3代に渡る感動王道ストーリー。
日本のRPGはこれでいいんだよ!!



【第3位】Gears of War2(Xbox360)
やっと新しいタイトルが登場。
去年の夏にXbox360を手に入れ、前評判がいいし買ってみようと発売日に購入した。
すぐに限定版が値崩れしたのは、俺の耳にはもう入れなくてもいい。

とにかく臨場感に圧倒された。
ただすぐにXbox360は超すげー!!とは思わなかった。
「すごい、でもこんなもんか」、と思ったのが正直なところだ。

ところが、どうだ。
ブラウン管+コンポジット接続から液晶モニタ+HDMI接続に変えたら、世界が変わった。
現行据え置きハードの実力を知った。

さらにそこからいくつものXbox360のゲームをプレイしてさらにこのソフトの実力を知った。
GoW2のグラフィックは他のソフトより群を抜いてキレイだった。
買ったばかりの頃はGoW2しか知らなかったのでそのすごさに気づかなかった。

ではなぜ1位や2位にならずに3位なのか。
それはただ俺がTPSよりもJRPGに馴染みがあり好きだからというそれだけの理由。





【第4位】バーンアウト パラダイス(Xbox360)
良かったね、Xbox360のソフトが連続だね。
PS2の『バーンアウト3』がめちゃくちゃ好きだったから買わずにはいられなかった。

バカなノリのゲームを大真面目に本気を出して作るとこういう作品になるといういいお手本だと思う。
相手をクラッシュさせるほど自分の車のスピードが速くなるという爽快感溢れるシステム。
グランツーリスモのようなリアルな挙動ではないが、ゲームを楽しむという点ではとても良いと思う。

俺は車にとても疎い。
だからギア比だのなんだのと専門用語を並べられても困るし、実在の車を運転できる喜びも知らない。
このゲームは車の設定をいじることもできないし、出てくる車やメーカーは全部架空だ。
その点が車に疎い者にとってはとっつき易いんだ。
ただ運転して、相手をクラッシュして走ればいい、それが分かりやすくていいんだ。




【第5位】ラブプラス(DS)
やっとDSのソフトがランクイン。
DSはこれとFFCCくらいしかやってないな。

彼女を持ち歩こう!という新しいコンセプトで話題を集めた作品。
既存のギャルゲーは告白したら(されたら)エンディングなのだが、このゲームはそこからがスタートだ。
とにかく話題性があり、テレビなどで取り上げられることも多かった。
ゲームをやらない人にも『ラブプラス』というゲームがあり、なんだか熱狂的なファンがいるんだなーと周知された。
俺はネットでゲームの情報をいろいろ見て回っているが、ハマる人はとことんハマるようだ。

残念ながら俺は新しいとは思ったけど、ゲームとしてすごく面白いとは思わなかった。
でもゲームの可能性は無限だ、と思わせてくれた作品。



【総括的ななにか】
Xbox360を手に入れ、プレイするジャンルの幅が広がった年度だった。
ただXbox360が本当に面白く感じてきたのはつい最近のことなので5本中2本だけがランクイン。
2009度のランキングがどうなるか自分でも楽しみ。
今はまだやっぱりJRPGが楽しい。
『Follout3』や『オブリビオン』のような海外の自由なRPGにまだ触れていないので、今年は是非触れたい。
前者は購入済みだし、後者も買うかもしれないので。

PSPのソフトがランクインしなかった。
ディシディアFFなどはかなり楽しんでプレイしたけど、印象に残ったかというとそうでもなく。
ただね、携帯機でのプレイは手軽。
これは大きい。かなりのアドバンテージ。
俺は携帯機でもほとんど家の中でしかプレイしないけど、自由な姿勢でプレイできるだけでも電源を気軽に入れることができる。
携帯機に慣れると、モニタの前に座ってじっくり、という気分になかなかなれないのだ。

この記事を書く前はね、10位くらいまで書こうかなーと思ったんだよ。
でも俺は気に入ったソフトは100時間でも200時間でもプレイしちゃうからね、一年でクリアするソフトって多分20本もない。
だから10位まで書くと、気に入ったソフトが全部ランクインしちゃう。
まあそれでもいいんだけどね、書くのすごく楽しいし。
じゃあ最後にランク外の気に入ったソフトを順不同で書いて終わり。
『ディシディアFF』、『FFCC エコーズオブタイム』、『エリーのアトリエ』、『My merry may』、『ビートマニアIIDX』シリーズ、『ロマンシングサガ ミンストレルソング』、『セイクリッド2』
うん、こんなもんか。
思い出してみたけどやっぱりプレイしてる数は少ないなぁ。
21:56 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP



トラックバックURLは http://sigsig714.blog95.fc2.com/tb.php/487-5ebc2426

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| このページの先頭へ |

ブログと管理人について

あきんどー

Author:あきんどー
ゲームプレイ日記がメイン。



安西先生 ゲームがしたいです



【好きなモノ】
総プレイ時間表示
オープニングデモ
2周目引継ぎ
チェックポイント(コンティニューポイント)
ボス戦

【嫌いなモノ】
時間制限イベント
無限ループ
強制スクロール
ロード時間


当ブログはリンクフリーです。

カレンダー

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

カテゴリ

ブログ内検索

シュタインズ・ゲート 比翼恋理のだーりん

twitter_bg2.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。