ゲーだらプロク

ゲームだらだらプレイ録の略、ってレベルじゃねぇぞ!

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP


【サマーウォーズ】感想(ネタバレ感想は追記にて)

アニメ感想 ] 2010/03/21(日)

『サマーウォーズ』のDVDを観た。
ブルーレイは再生機を持っていないので、残念ながらDVD。レンタル。
ブルーレイの画質を今までに見たことがないので、DVDの画質でも気にならないが一度ブルーレイを見たらやはりDVDには戻れないのだろうか?

『サマーウォーズ』は2006年に『時をかける少女』でその名を世に知らしめた細田守監督の作品。
『時かけ』がとても好きだったから絶対に映画館で見ようと思いつつ、超の付くほどの出不精の俺はやっぱり家でゲームをしていて、気づいたら夏が終わっていて上映も終わっていた。
気づいたら春が来てレンタルも開始されたので観た。

すげー面白かった。
『時かけ』は原作という下地があるが、『サマーウォーズ』はアイディアを0から練り込んでおりオリジナリティ溢れる作品で素晴らしい。
と、評論家のように書いてみたけど、『時かけ』の原作は読んだことはないし実写映画も観たことがないのでアニメ版がどの程度新しいのかは実際のところ分からないわけで。
『サマーウォーズ』も監督は細田守だが脚本家は別にいるわけで、誰が一番すげーのかアニメに疎い俺は良く分からない。

2回観たんだけど、1回目は単純に楽しく観たんだよ。
2回目は物語の展開が分かっているからこそ、泣ける泣ける。
物語の中盤以降は俺の涙腺の栓は壊れたのかと思ったほどボロボロと。
特に「泣ける映画」って言われてる映画ではないと思うだが、俺は今まで見た映画で一番泣いたと思えるほどツボにハマった。

やっぱり映画館で観ればよかった。
夏に観たかった。
スクリーンで観たかった。
細田守監督の次回作は必ず映画館で観てやるからな、ウォー!!


ってところで、ネタバレを含んだ感想に行くよ。




ネットに浸りきっている俺のような人間だと、有名作品のネタバレってのはどうしても目にしてしまう。

栄おばあちゃんが死んじゃうってことも、カズマが男の子だってことも知っていたのでちょっと残念だった。
後者は言われなきゃやっぱり最初はボクッ娘だと思うはず。
前者は重要なシーンだから知らずに観たかった。

1回目観たときには栄おばあちゃんが死ななくてもよかったんじゃないかなぁと思ったんだ。

でも2回目に観たら、栄おばあちゃんの存在の大きさに気づき、とても感動する作品であることに気づいた。


OZがハッキングされて栄おばあちゃんがみんなに電話をかけるシーンでまず最初の涙腺崩壊。
栄おばあちゃん強いなー。
目に力があるよね。
亡くなった後におばあちゃんの目が写るシーンがないのも意図しているんじゃないかと思う。

その後はカズマが頑張る。
1回目では気づかなかったが、オープニングでキングカズマのアクションがたくさんあるんだね。
ラブマシーンを誘い込み封じ込めるが、コンピュータの熱暴走により失敗。
カズマ号泣。
俺ももちろん号泣。

次に頑張るのは夏希先輩。
やっとヒロインの見せ場だ。
花札はちょっとしかやったことがなく、こいこいのルールも『サクラ大戦』で少し知ったくらいだけど、
ルールを知らなくても魅せ方が巧いのであまり問題ない!
俺はもちろん号泣。

最後に頑張るのは主人公の健二。
主人公の名前が一番覚えづらいのは俺だけか。
数式の暗号を解くシーンを、キャラクターの表情とノートをめくり鉛筆を走らせるスピードを魅せることで、よくわかんないけどすげぇって思わせてくれる。
俺はもちろん号泣。

細かく書けばもっと書けるけど、とりあえず大きなシーンを書くとこんな感じか。
見せ場のあるキャラがどんどんと変わっていって、山場の連続で飽きさせない。


うし、全体の感想。

まず思ったのは、0と1の二進法の電子の世界を上手く映像化してるなー、ってこと。
アバターを使い、テレビゲーム的な世界で分かりやすい。
ラブマシーンがハッキングしていくところも、道路標識を移動させたりドミノ倒ししたりと面白く描いてる。

そして次に思ったのが、間の取り方がすっごく上手い映画だなー、ってこと。
誰も喋らないシーンなどが上手い具合に挿入されているし、登場人物の会話でもちょっと間があくことがあるがそれがいい味を出している、と思った。


カズマかわいいなぁ。
カズマすっごくかわいいなぁ。
男の子って言われなきゃ女の子で十分通る。
なぜボクッ娘にしなかった!!
よし、言っておこう。
カズマは俺の嫁!!
俺はショタコンじゃなくボーイッシュな女の子が好き(『よつばと!』ではみうらが好き)なのだが、やはりショタ好きに需要があるのだろうか?
うん、こんなこと書くの無粋な気がしてきた。

カズマは少林寺拳法をやっているというのは親近感わいた。
一応俺は大学で少林寺拳法をやり弐段を習得しているが、カズマの動きだけ見ても少林寺拳法だとは分からないかなぁ。
いや、もう一度よく動きを見てみたら受けの形とかは同じっぽいな。
少林寺拳法の動き+アニメで栄える動き、って感じなんだろうな。

もう書くことないかな。
俺がカズマが好きだってことが全体として伝わればこの記事は成功です。


レンタルの期限が今日だと思ったら昨日だった。
うへー
延滞料金って高いよね。
せっかく一日延長しちゃったわけなので3回目観た。
なぜか3回目は涙が流れることはおろか目が潤むことすらなかった。
気分次第だ。
ってわけで、今から返却してくる!!
13:57 | トラックバック:0 | コメント:2 | 先頭 | TOP



トラックバックURLは http://sigsig714.blog95.fc2.com/tb.php/474-9a4a24dc

トラックバック


コメント

by だっち : URL
サマーウォーズは見ていてスカッとする本当にいい作品だったー。テーマもキャラの個性も音楽も全部がツボでした。ばあちゃんが活動しまくりシーンの音楽は大好き。見た後はすごく清々しい気分になれたなぁ。

カズマは俺の中では女の子として補完してます。うん、あれは女の子でなきゃいけないと思います(^ω^)
2010/03/21(日) 21:00:18 #-[ 編集]
by あきんどー : URL
『サマーウォーズ』は予想以上に面白かった!
BDが観れるPS3がうらやましいわー。
サイバーテロってのは俺らみたいな人間には受けがいいと思うけど、中年以降の人には面白さが分かるのかねぇ?

カズマは女の子だよね、うんうん。
かわいいは正義!
2010/03/21(日) 23:38:44 #AQqljE2.[ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| このページの先頭へ |

ブログと管理人について

あきんどー

Author:あきんどー
ゲームプレイ日記がメイン。



安西先生 ゲームがしたいです



【好きなモノ】
総プレイ時間表示
オープニングデモ
2周目引継ぎ
チェックポイント(コンティニューポイント)
ボス戦

【嫌いなモノ】
時間制限イベント
無限ループ
強制スクロール
ロード時間


当ブログはリンクフリーです。

カレンダー

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

カテゴリ

ブログ内検索

シュタインズ・ゲート 比翼恋理のだーりん

twitter_bg2.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。