ゲーだらプロク

ゲームだらだらプレイ録の略、ってレベルじゃねぇぞ!

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP


【トワイライトプリンセス】狼と大神

ゲーム雑記 ] 2008/07/28(月)

前回からけっこう間があいてしまったが、トワプリのプレイ日記part2。

まずは、カカリコ村のトワイライトで狼になって光の雫探しだ。
このパートは結構親切で、「蟲」の場所は地図に記してくれるんだよね。
でも逆に考えれば、地図に書いてあるくらいじゃないと探すのが大変だとも言える。
そしてその予想通りかなり苦労した。
10匹くらいいるんだけど、残り2匹がどうしても見つからなかった。
地図では高さは分からないから、位置は分かるんだけど見つからないんだよー。
それで主観視点で見渡してみると、かなり上の方に足場を発見。
でもでも、そこに行く道が見つからないー。
ここだっ、と思う場所で何度も何度もジャンプを試みたがジャンプじゃ辿りつけないし。
こういうアクションアドベンチャーの不満点は、正しいことをしているのにアクションの技術が不足していて成功しないのか、間違った方法を試しているだけなのか、なかなか判断がつかない事だ。
結局1時間くらい悩んだところで、妥協してしまった。
攻略サイトみてしまった。
もちろんそしたら簡単に見つかったよ。

狼パートを2回やって思うこと。
PS2の『大神』に似ているなぁ。
獣姿の主人公を操るというまずその基本が似ている。
まあ、ゼル伝の方が歴史は古いわけだし、『大神』がゼル伝に似ているというのが正しい言い方なのだろう。
まだあまりプレイしていないが『大神』のほうがいいな、と思う点もある。
まず、周りが見やすいという点だ。
トワプリはカメラが主人公にかなり接近していて、周りの状況を把握するために主観視点にしなければならないことが結構ある。
もちろんいい言い方をすれば、臨場感があるという事になるが。
それからトワプリはアクションゲームなのにジャンプが自由にできないってのが最初は結構残念だった。
ジャンプはアクションの基本だろ、という考えがあるのだ。

上記の印象はまだプレイ時間10時間程度のものなので、やり込むにつれてその印象は変わる可能性も大いにあると思ってもらいたい。

次回は二つ目のダンジョン「ゴロン鉱山」攻略編だ。
19:27 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP



トラックバックURLは http://sigsig714.blog95.fc2.com/tb.php/22-2b99c2a9

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| このページの先頭へ |

ブログと管理人について

あきんどー

Author:あきんどー
ゲームプレイ日記がメイン。



安西先生 ゲームがしたいです



【好きなモノ】
総プレイ時間表示
オープニングデモ
2周目引継ぎ
チェックポイント(コンティニューポイント)
ボス戦

【嫌いなモノ】
時間制限イベント
無限ループ
強制スクロール
ロード時間


当ブログはリンクフリーです。

カレンダー

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

カテゴリ

ブログ内検索

シュタインズ・ゲート 比翼恋理のだーりん

twitter_bg2.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。