ゲーだらプロク

ゲームだらだらプレイ録の略、ってレベルじゃねぇぞ!

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP


【カルドセプト】プレイ日記その6【3DS】

『カルドセプト』 ] 2012/08/31(金)

オンライン対戦では3人対戦、ビギナーフロアのみ選択してる。
だって人数が少ない方が1位になる確率は高いし、ビギナーフロアの方がもちろん勝てる確率が高いから。
対戦ゲームは、実力が同じもの同士での接戦は楽しいけど、やっぱり負けるより勝つ方が楽しい。


戦績は19戦12勝。
ビギナーフロアだから何とも言えないけど、結構勝ててるかな。


負けるときは、判断ミスというかプレイングが悪いために負けることが多い。
手札が悪いからって理由はあまりない。


失敗したケースを思い出しつつ、書いてみる。


ドレインマジックを怖がりすぎている。
相手の手札にドレマジが見えると、とにかく手持ち魔力を使おうと思ってしまう。
その結果、あまり防衛に向いていない土地のレベルを上げて、奪われてしまう。


守らなくていい土地でも防具を使ってしまう。
一般的にアイテムの数はそこまで多くしない方がいい、と言われている。
アイテムを使うのは、拠点の防衛の時。
だけど、連鎖を守るためにレベル1の土地を必死に守ってしまい、結局、アイテムがなくなり拠点を奪われてしまう。



手札を見せないよう、素早く操作することを気にしすぎている。
手札をあまり見せないことも大事だが、焦って操作ミスや判断ミスが起きる。
大体、どんなに素早くプレイしても、相手の所持アイテム程度は簡単に覚えられる。
だから焦らず、手札を見せてけん制することも戦略の一つと考えたほうがいい。


先制能力を過信している。
風属性といえば先制。
高い攻撃力が、そのまま防衛でも生かせるのが強み。
しかし、侵略側も先制を持っていると、とたんに脆くなる。
ニンジャが巻物を持ってきても対応できるようにしよう。


パーソナルポイント:3326P
アリーナポイント:530P


アリーナポイント500突破。これでビギナーフロア卒業。
ああ、これからが怖いなー
スポンサーサイト
01:51 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP


【思い出きろく帳】プレイ日記その1

『思い出きろく帳』 ] 2012/08/30(木)

3DSに内蔵されている『思い出きろく帳』が面白い。

ゲームのプレイ時間と歩数が記録される。
一日単位でどのゲームを遊んだか分かるし、合計プレイ時間も分かる。


俺が中学生の頃。ゲームにハマり始めた頃。
ゲーム雑誌を毎週読み、無駄な知識をどんどん増やしていた。
「こんなシステムのゲームが出るのか!」「なぜ、前作の不満点が新作でも解消されていないのだ?」「なぜ、一つのシリーズが、セガサターンで出て、プレイステーションで出て、ドリームキャストで出る、とコロコロ機種がかわるのだ!?」
情報収集に伴い、ゲームに対する希望や不満も浮かぶようになった。


その時に、「ゲーム本体にいろいろ記録されればいいのに」という考えがあった。
「プレイ時間がわかって、さらにそれぞれのボタンを押した回数がわかると面白そう」とか、
「エンディングを迎えたソフトが一覧になればやる気でるのに」とか。

たぶん、これはプレイステーションを遊び始めたから考えたことなんだろう、と今になって思う。
スーファミまでは、セーブデータはソフトに記録されていた。
だけど、プレステではメモリーカードという一つのモノに、複数のデータが記録されるようになった。
その時に俺は、これまで遊んだ履歴が一つに集まる、ということを実感したハズ。


子どもの頃は、上記のような未来のゲーム機を夢見ていた。
現行のゲーム機本体には似たようなシステムがある。
3DSではプレイ時間が『思い出記録帳』で分かる。
「エンディングを迎えたソフトリスト」というのは、実績システムやトロフィーシステムが似ているだろう。

あとは「ボタンを押した回数」を記録・表示してくれると最高だ。
面白いと思うんだよー。
プレステで一番押すボタンは○ボタンだろう。
コマンドを決定したり、セリフを送ったり、攻撃したりと、とにかく押す。
ほら、1時間で相当の回数を押しているのではないか、と興味がわいてきたでしょう。
一つのソフトをクリアするまでに、各ボタンを何回押しているのか、知りたくなってきたでしょう。
「ああ、5年使ったコントローラーがへたってきたなぁ」と思った時に、ボタンを何回押したのか気になってきたでしょう。
「ビヨンドザビヨンド」が更に知名度を上げるきっかけになる予感がはっきりとするでしょう。


プレイ時間の記録と実績システム・トロフィーシステムがある今、ボタン回数記録が加わることで、俺が夢見ていた未来のゲーム機が完成する!


ここまで文章を書き、15年抱いてきた「俺の夢」が非常にしょっぱいものであることが分かり、だんだん記事を書くテンションが下がってきた・・・
だから、そろそろこの記事は終わろう。

この記事のタイトルは「カルドセプトプレイ日記」のハズだった。
「プレイ時間が記録されてるよー。カルドセプトのプレイ時間も確認できるよー。46時間だよー」って書いて、最近の対人戦の感想を記す予定だった。
だけど、予想以上に情熱をこめてしまった。
長くない文章なのに、1時間近く書いている。

大好きなゲームについて、ずっと持っていた夢だったのは間違いない。それが、どんなにしょっぱい夢でも。
だから、記事をタイトルを変えて、この記事を終えることにする。
03:17 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP


【ゼルダの伝説 夢をみる島】プレイ日記その2

ゲーム雑記 ] 2012/08/23(木)

4つ目のダンジョン「アングラーのたきつぼ」までクリア。

このゲームは10回くらいはエンディングを迎えていると思う。
途中で満足してやめたことも何度もあるから、序盤は20回以上遊んでいるはず。

だからこのあたりまではサクサク進む。
覚えていることにニンマリし、記憶の中で美化されていたイベントやグラフィックに驚く。

楽しいわー。


今作のヒロインであるマリン。
ちょっとだけ、連れて歩ける期間がある。
町の人がいつもと違う反応を見せてくれる。


子どもにからかわれる。
P2012_0823_181416.jpg


ニワトリを攻撃すると注意するやさしいマリン。
P2012_0823_181650.jpg


だけど、クレーンゲームとなると我を忘れてしまうようだ。
P2012_0823_181517.jpg


景品じゃなくて、店員さんを取っちゃう。
P2012_0823_181559.jpg

その後は、「プロはお断りだよ」と言われちゃう。
自分の村にあるクレーンゲームの店だけど、マリンはずっと行くのを我慢していたのだろうか。


他にもセリフが用意されている場面があっただろうが、思い出せなった。
最後まで、攻略情報を見ないで進めていきたい。
23:45 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP


【ゼルダの伝説 夢をみる島】プレイ日記その1

ゲーム雑記 ] 2012/08/21(火)

買ったぜ!

P2012_0821_021724.jpg


ヴァーチャルコンソールは、3DS本体を買ってからすごくすごく気になっていた。
子供の頃は、ゲームボーイが大好きだった。
思い出深いソフトがたくさん。

配信されている中では、カービィ1、2、マリオワールド1、2、夢をみる島、あたりは何周も遊んだなー。
まずは『夢をみる島』から買った。

ゲームボーイカラーのソフトが600円。
これは高いのか、安いのか。
俺は高く感じる。
600円はゲームとしてはとても安い。それは間違いないのだが。
初代PSのソフトが600円だったり、Xbox360のライブアーケードが1200~1800円だったりすることと比べると、なんだか高く感じる。


しかし。しかーし!
『夢をみる島』はめちゃくちゃ面白い!

音楽、効果音、セリフ、けっこう覚えているもんだわ。
思い出補正は素晴らしい。
むしろ、ゲームボーイのソフトを今遊ぶ場合、思い出補正がないゲームは辛いと思う。



『カービィのピンボール』と『かえるの為に鐘は鳴る』と『ロックマンワールド』シリーズがやりたい!
02:20 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP


【カルドセプト】プレイ日記その5【3DS】

『カルドセプト』 ] 2012/08/20(月)

このブログに頻繁にコメントをくれるtavi君が3DSとカルドセプトを購入した。
フッフッフッ、俺の誘いにまんまと嵌ったな。
来月にはXbox360を買わせよう。


早速、フレンド対戦を行った。
お互いカードも揃ってないし、マップや対戦人数なども決めてない。
だからまずは、お互いがおまかせブックを使うことを提案した。
CPUゴリガンを加え3人対戦。


俺は「攻めの火風」、tavi君は「無効化の青」を選択。
俺は防御用アイテムが少なく、tavi君は侵略用クリーチャが少なく、ゴリガンが結局1位。



その後にメインブックで対戦したが、回線不良により途中で終わってしまった。


ボイスチャットで話ながら遊ぶのも楽しいね。
3SD本体のマイクを使ったんだけど、雑音が多くて長時間のゲームには向いてないかな。
スカイプで会話する予定だったんだけど、俺がヘッドセットをずいぶん前に壊したことを失念していてね。


次は、対戦する前にレギュレーションを決めて、それに向けて予めブックを作っておくとより楽しいと思う。



パーソナルポイント:1915P
アリーナポイント:310P

00:15 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP


お盆とは、ご先祖様を迎えそして友人とゲームをするという、日本人にとって大切な行事 in 2012

ゲーム雑記 ] 2012/08/16(木)

高校時代の同級生が帰省したので、今日は二人で遊んだ。
去年も二人で遊んで、その時の記事書いた。
去年の記事↓
お盆とは、ご先祖様を迎えそして友人とゲームをするという、日本人にとって大切な行事



今年も去年とほぼ同じ流れ。
まずラーメン屋。

そのあとに、クレーンゲーム。
俺が焚き付けたのが悪い、今となってはそう反省せざるを得ない。
友人がどんどんクレーンゲームにつぎ込んでしまうことは去年知った。
無駄遣いなのが分かっていながら、見ていて面白いからそそのかした。
俺は悪いやつだわ。

友人は15分くらいで3000円以上投入した。1つも景品をゲットできなかった。
今回もやっぱり見ていて面白かった。
俺は悪いやつだわ。


友人はつぶやいた。
「ゲーセンって儲かるな・・・。15分で3000円だもんな・・・」
俺は応えた。
「そうだな~。でもその分、楽しめたからいいんだよ~」
俺は悪いやつだわ。





ゲーセンの後はカラオケ行った。
友人は俺の家でゲームがしたいと言ったが、掃除をしていなくて人を招ける状態ではなかった。
去年の記事を読んで思い出したけど、友人は『Trials HD』をとても気に入っているんだわ。
『Trials Evolution』をやればよかった。
来年の正月・お盆は家でゲームだな!
「新潟にいるときは、あきんどーの家でゲームするのが一番楽しい」
なんて言ってくれると、非常にうれしいのだよ。


感謝の気持ちを込めて、友人の家まで車で送った。
遊んだ場所から友人の家までは結構遠い。
車で往復1時間くらい。
でもね、1時間の運転なんて苦痛に感じないくらい、さっきの言葉がうれしかったんだよ。




「ガソリン代だから」とか「タクシー代が浮いたから」と、カラオケ料金をおごってもらったことは、誰にも言えない。
23:51 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP


【カルドセプト】プレイ日記その4【3DS】

『カルドセプト』 ] 2012/08/13(月)

ストーリーはプロムスデルをクリアしたところまで。
セレナと組んで同盟戦。
セレナの手札が召喚条件のあるクリーチャーばかり。
10Rもの間、1体もクリーチャーを置けないのはダメだよー。

しょうがないから、俺が火・地の土地も確保してあげた。
俺が地に置いたスペクターやハーピーを、地属性クリと交換するのは良い。
だけど、手札になったスペクター捨てんな!属性違っても置けよ!捨てんな!

CPUとの同盟戦はイライラする。




対人戦。
オールドウィロウ使い(A)と、もう一人(B)との3人戦でのこと。
序盤からAの手札にはオールドウィロウが。
俺は、イビルブラストを手札にずっと持っていた。
Bも手札にマジックボルト持っていた。
それでも構わずレベル3の土地にウィロウ配置。
すぐにスペル2連発。

残り8ターンで、ウィロウ2枚目。
レベル4の土地に配置される。
通行料を取られるB。
レベル5になる。
すぐに俺も止まる。攻めるが、防衛される。多額の通行料を取られる。
何とか落としたい。
隣の土地にいる防御型をスペクターに交換。
スペクターで移動攻撃するが、また防衛。
2回の侵略で、Aに2枚のアイテムを消費させる。
シャッターが来たので、Aの最後の1枚のアイテムを破壊。
スペクターで再度移動侵略し、ヘルブレイズで落とした。
残り2ターンでの逆転勝利。
熱かった。

まあ、俺が準備しているのが分かりやす過ぎた。
隣のクリーチャーが交換された時点で、ウィロウからほかのクリーチャーに変えられていたら無理だったと思う。


感想。
足止めクリーチャーはやはり恐ろしい。
アイテム制限もないスペクターはとても頼りになる。もちろん、その能力故に予想外に便りないことも多い。



パーソナルポイント:1077P
アリーナポイント:310P
プレイ時間:約34時間
00:37 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP


【3DS】カルドセプト プレイ日記その3

『カルドセプト』 ] 2012/08/07(火)

今日の夕方、『おおかみこどもと雨と雪』を見てきたよー。
『時かけ』も『サマーウォーズ』も好きだから、見るのを楽しみにしてたんだよね。
どちらもDVDで見たから、今回は映画館で見たかった。


とても面白かった。
夏休みの平日の夕方だったから、ファミリーが多かった。
男一人は他にはいなかったわー。
やっぱり、場違いな気持ちになるね。
プリキュアを一人で見に行く人の心のタフネスは半端ないな、って思った。




さて、『カルドセプト』。

今まで8試合くらいして、切断する・切断されるってのはなかった。
勝つにしても、負けるにしても気持ちのいいゲームができていた。


でも、昨日は明らかに切断だってのに会った。
最初の手札が悪くてなかなか自分の色に置けなかった対戦相手。
やっとクリーチャーを置けたのに、すぐにイビルブラスト食らい消滅。
そして操作がAIに。
このタイミングは切断でしょー。ダメでしょー。

3人対戦だったから、残りは俺ともう一人。
2ターン後に、もう一人も落ちる。まあ、これは仕方ない。
誰だってやる気なくなるよ。


これって、自分以外がAIになってもゲームって終わらないの?
俺も結局すぐに電源切ったよ。
そしたら「曇り」になったよ。
一人になっても最後まで戦わなきゃいけないのかな。それとももうちょっと待てば終わってたのかな。


今日熱かったシーン。

・スペクターで攻め込み、相手が残りHP1で生き残こった。
・回線の不具合(たぶん)で一人AI。AIがその時点で1位。もう一人がAIにHW8をかけ俺の高額領地にはめる、という共闘状態に。
・祠効果ですべてのクリーチャーにマヒの呪い効果。俺の高額領地が一気に落とされ、6000Gから800Gに。
・高額領地に攻めてきたバジリスク。防御側は物理反射なので即死は無効。アイテムでガセアスフォームを使い、確実に土地価値を落としにくることに執念を感じた。

03:17 | トラックバック:0 | コメント:2 | 先頭 | TOP


【3DS】カルドセプト プレイ日記その2

『カルドセプト』 ] 2012/08/06(月)

3DS自体の感想。

画像はやはりキレイ。
ずっと初代DSを使ってきたから、とてもキレイに感じるし、画面も非常に大きく感じる。

裸眼3Dは、最初のインパクトはすごかった。
でも、本体が動いてしまうとブレまくるから、使い勝手悪そう。
特に、カルドセプトはグラフィックが大切なゲームではないから、3Dボリュームは常に切っている。


ボタンは押しやすい。
十字キーの感触には違和感を感じたけど、慣れれば問題ない。
スティックを使うゲームをまだプレイしていないので、何かアクションもやりたい。




カルドセプトは買ってから毎日プレイしてる。
やっぱり面白いわ!

ストーリーモードでは、ワールウィンを倒したところまで。
もうすぐクリアできるかな。
魔力がマイナスになったとき、CPUが価値の高い土地から売却するようになった。
これはいい変化。ってか「やっとかよ。遅いよ」と思う。


オンライン対戦は、6戦3勝。
まあまあかな。


風単色ブックで。
ほとんどカードが揃っていないので、とにかく手持ちの風クリーチャーをブチ込む形。
スペクターがとてもいい働きをしてくれる。
ガルーダが早く欲しい。
01:18 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP


【3DS】カルドセプト プレイ日記その1

『カルドセプト』 ] 2012/08/01(水)

買ったその日のうちにオンライン対戦に突撃したいという強い思いがあった。
『カルドセプトDS』の時も、買ったその日に突撃したら、1位を簡単に取れた記憶があったからだ。


まず、ストーリーモードで1試合だけ。ここで一応の操作の確認。
うん、マニュアルを見なくても問題なく遊べる。

この試合で何枚かカードをゲットしたが、ブックの調整はしない。
初期ブックで突撃すると決めていたからだ。


大丈夫。だって、最初は初心者限定のフロアなんですもの。
ここなら強いカードはあまり見ないはず。たとえ強いカードを持っていたとしても、使いこなせない初心者に違いない。
そうだ、だから俺は初期ブックを使い、プレイングの差を見せつけてやるのだ!



オンラインの1試合目。4人戦。
序盤はいい感じですすんだ。
俺のカードのコストが総じて安いので、使いやすい。
また、威力の高いヘイトを稼ぐカードもないので、よくも悪くも空気な立場。
微妙な中で、アイスウォールを拠点にして頑張り、一時は1位に躍り出た。
最後1ターン、あるセプターは連鎖している拠点を上げて魔力を増やし、あるセプターは高額地の上の敵クリーチャーをテレキネシスで移動し、あるセプターは拠点に特攻の如く攻撃をしかけ。


俺は結局3位だった。
でも1位になるチャンスはあったと思う。
初期ブックはバランスがいいから使いやすいな。
クリーチャーは、安くて使いやすいのおおいね。
アイスウォール。強すぎ。とりあえば置けばよい。そんなやつ。

先制もってるハーピィやリザードマンも攻守に強いな。


そんななか、G・ラットやマーフォーク、G・バット、こいつらは泣いてもいい!
ばら撒いて、そして踏まれるだけの存在だな。



そして手持ちのアイテムはウィンドカッターやメイス。
対する相手のアイテムはヘルブレイズやブーメラン。
勝てるわけない、勝てるわけない、勝てるわけない、勝てるわけない!



やっぱり初期ブックはアイテムとスペルが弱いなー。
キュアーとかどうすりゃいいのよ?





そして第2戦。
ここでのキーカードもやはりアイスウォール。
レベル1の水に置いただけでも、素で侵略成功するクリーチャーが一握りってのが素晴らしい。

この4人対戦では、みんなかなりブックを作ってきていた。
無属性のみのセプターもいた。
他のセプターのブックも狙っているポイントがあるように見えるブックだったと思う。

でも、そんな中で俺の初期ブックに毛の生えたブックが勝った。
勝因は、プレイングが良かったことだ、とも思っている。
それから、俺が序盤に上手くクリーチャーを負けなかったことと、しょっぱい手札を見られて、敵として見られなかったことも、勝ちにつながった。
最後には漁夫の利を得られた気がするから。

ちなみに、その時、かな~~り眠かったので、あまり覚えていないのが悲しい。


覚えているのは、「購入初日に、4人戦に勝利できた」ことがとてもうれしかったこと。
03:17 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP




| このページの先頭へ |

ブログと管理人について

あきんどー

Author:あきんどー
ゲームプレイ日記がメイン。



安西先生 ゲームがしたいです



【好きなモノ】
総プレイ時間表示
オープニングデモ
2周目引継ぎ
チェックポイント(コンティニューポイント)
ボス戦

【嫌いなモノ】
時間制限イベント
無限ループ
強制スクロール
ロード時間


当ブログはリンクフリーです。

カレンダー

07 ≪│2012/08│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウンター

カテゴリ

ブログ内検索

シュタインズ・ゲート 比翼恋理のだーりん

twitter_bg2.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。