ゲーだらプロク

ゲームだらだらプレイ録の略、ってレベルじゃねぇぞ!

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP


【ゴーストトリック】プレイ日記その2

その他(DS) ] 2012/04/30(月)

主人公が死んだ場面から物語がスタート。


死者の魂となった主人公が、物に「トリツク」「アヤツル」ことで、周囲の人たちを間接的に動かしていく。
5章まで進んだ。

失敗すると登場人物が攻略のヒントを出してくれる。
そのヒントに助けられつつも、自分が解いているって感覚はしっかり楽しめて気持ちいい。


短時間で5章まで進んだけど、15章くらいまであるのかな?
ネットではボリュームが少ないって意見をよく目にしたけど、10章くらいで終わりかしら?
スポンサーサイト
00:34 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP


【ゴーストトリック】プレイ日記その1

その他(DS) ] 2012/04/28(土)

逆転裁判をクリアしたので、さっそく買ってきたぜ。

ゴースト トリック NEW Best Price! 2000ゴースト トリック NEW Best Price! 2000
(2011/05/26)
Nintendo DS

商品詳細を見る


逆転裁判2とゴーストトリック、どちらを買おうか悩んだけど、ゴーストトリックにした。
逆転裁判2は一度プレイしたことがあるけど、ゴーストトリックは未プレイだから。




チュートリアルのような第1章をクリア。
まだ感想を書く段階でもないなー。
01:41 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP


【逆転裁判】プレイ日記その3【DS版】

その他(DS) ] 2012/04/25(水)

数日前に第5話を開始し、そしてクリアした!


クリアまでは紆余曲折があったのだ。


ある程度進めて、中断セーブしたんだ。
そして、次の日に再開しようとした。
中断データを読み込んでいるところで画面がブラックアウト。
しばらく待っていたが何も表示されなかった。
一度電源を落として、もう一度電源を入れた。
中断データ消えてたー。

また第5話の最初からやるしかなかった。
一気にやる気がなくなった。





数日後にやる気復活。
前回の反省を生かして、中断セーブではなくスリープを活用することを決めた。
持ち歩くことはないので、バッテリー切れの心配もない。

しかし、悲劇は起こった。
PSPばかり遊んでいた俺は、「スリープ=電源ボタン」という考えが頭に染みついていた。
もちろんDSでは電源ボタンでなく、フタを閉じることでスリープ状態となる。


ゲーム機の形が違うとか、電源位置が違うなどは些末な問題にすぎなかった。
スリープしようと思ったときには、もう手が動いた。電源ボタンを触っていた。

気が付いたら、電源が消えていた。





今日、やっとクリアした。

「異議あり」の応酬はとても気持ちいい。
ストーリーも非常に面白く、とにかく先が知りたくなった。
2作目、3作目もプレイしたい。

22:06 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP


【デススマイルズ】プレイ日記その3

『デススマイルズ』 ] 2012/04/23(月)

前回はとにかくクリアを目指していたので、すべてレベル1を選択していた。
一度クリアしたので、次はすべてのステージでレベル2を選択してみた。
ボスの攻撃が多少激しくなったが、ノーコンティニュークリアできた!

スコアも自己ベストを記録!
約7544万点。



次にウィンディアで挑戦。

ローザを使ったのはここ数回だけで、このゲームを買ってからずっとウィンディアを使っていたんだ。
何故かって?

P2012_0423_005244.jpg


ほら、主人公的ポジションだからだよ。
ストⅡでいうところのリュウ。
一番バランスのいいキャラ。
「初心者の者が操作キャラに迷ったら、デフォルトでカーソルの合っているそのキャラを使うがよい」という開発者の粋な計らい。
「それならば」と思ってずっとウィンディアを使っていたけど、ローザのほうがクリアは楽だね。



ウィンディアで3回ほど挑戦したけど、やはりラスボスで撃沈した。
ラストステージの難易度は固定だから辛いわー。

ウィンディアでの自己ベストは約4793万点。
クリアしたいなー!

『ががが頑張ります!』
00:57 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP


【デススマイルズ】プレイ日記その2

『デススマイルズ』 ] 2012/04/18(水)

デススマイルズっ!
ついに、悲願のワンコインくりあ達成っ!


やっほおおおぉぉぉーーー!!!

ローザ強い!

ラスボスでは残りライフ1。
ぎりぎりの戦いだった。
ものすごく心臓がドキドキした。

まあ、ラスボス戦では、ボムをひたすら撃っていただけだが。
通称ボム祭りである。


たとえこれから一生「ボム祭り」と罵られようとも、ノーコンティニューくりあの達成感は薄れない。
01:09 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP


【The Elder Scrolls V: Skyrim】プレイ日記その4

『The Elder Scrolls V: Skyrim』 ] 2012/04/08(日)

やはり敵の魔法が痛い。
このゲームでは、砦や塔が至る所にある。

クエストの目標である場合(砦の山賊団のリーダーを殺せ)もあるし、クエストとは関係ない場合もある。
クエストと関係ない場合でも、そこに潜んでいる人間は容赦なく襲ってくる。
魔法使いが集まっている拠点では、数人から一度に魔法攻撃を受け、即死する場合もしばしば。



そういえば、このゲームでは動物と戦うよりも人間と戦うほうが多い。
ステータス画面にいろいろな数字が記録されているが、殺害動物数は174だが、殺害人数は256だ。


日本のRPGでは敵はモンスターの場合が多い。
人間が雑魚敵で出てくることはあまり多くない。


だけど、このゲームは人間を殺すことが非常に多い。
トロールやドラゴンなどいかにもファンタジーな敵も存在するが、種類も出会う頻度もそう多くはない。


なぜだろう?
なぜ人間以外の敵として、兎やオオカミやシカやクマなど、あまり強そうじゃない生き物を作ったのだろう?
もっとサイクロプスやデーモンやゴーレムやサラマンダーなど、強そうでデカくてかっこいい生き物を出せばいいのに。


考えてみた。

人間が生活できるような世界にするためなのだろうか。
もし、デカくて強いサイクロプスやゴーレムがたくさんいたら人間は街の外に出られない。
人間はサラマンダーやデーモンにはなかなか勝てない。
人間は一つの街に閉じ込められ、『進撃の巨人』みたいな世界になっちまう。


この世界にも巨人はいる。
だけど温和な(?)性格で、こちらが攻撃しなければ無害。
だから、主人公は徒歩で国中を周れる。
このゲームの世界に非常に説得力が出てくる。


こんなことを考えていた。


ただし、スカイリムはシリーズ5作目だ。
同じ世界を舞台にしていたみたいなので、脈々と受け継がれてきたものがあるのだろう。
これはすべて見当違いの考察かもしれない。


だけど、細かいところまで丁寧に作りこんでるゲームだからこそ、その世界を構成している要素一つ一つに対して、深く考える余地があり、考える楽しさがある。



プレイ時間:41時間
レベル:30
21:55 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP


【The Elder Scrolls V: Skyrim】プレイ日記その3

『The Elder Scrolls V: Skyrim』 ] 2012/04/05(木)

ゲームによくある、「アイテムの作成・強化」といった類のシステム。
苦手だ。

俺は育成が大好きだ。
レベルをモリモリあげて、グングンとスキルを育てて、ガシガシと敵を倒して進めることが好きだ。
だけどアイテムが関わる育成要素となると、後回しにしがち。


たとえば、最近プレイした『エルミナージュ2』。
このゲームには武器を鍛える鍛冶というシステムがある。
気になっていたけど仕組みが良くわからず、使い始めたのはプレイ時間20時間を超えてから。


かなり前に遊んだ『ヴァルキリープロファイル』。
序盤からかなり多くのアイテムが作れる。
遊びの幅を広げるシステムのはずなのに、俺にとってはコントローラーを操作する手を止める厄介なシステムになる。



武器作成といえばモンハン。
このゲームはレベルの概念がないので、武器を鍛えなきゃどうしようもない。


なるほど。
レベルを上げられるRPGであれば、まずは武器・アイテムにかかわらずに進めてみようとする。
どうしようもなければ、苦痛を伴いながらも武器を鍛える。



もちろん、多くのプレイヤーがモンハンの武器作成に悩んでいるのは知っている。
ネットで多くの意見が交わされているのを見るし、友人もいろいろと調べていた。

みんなある程度の苦痛を伴っているのだろうか?
誰にも聞いたことがない。
「苦しく」悩んでいるのか。「楽しく」悩んでいるのか。
気になるポイントだ。




そんなわけで、『スカイリム』においても、やっと「鍛冶」、「錬金術」、「呪付」で武器防具をいろいろと弄り始めた。



プレイ時間:34時間
レベル:27


楽しい!
めちゃくちゃ楽しい!!

回復薬ガブ飲み。両手持ち武器ブン回し。
防御なんてしない。
そして、敵魔法使いにフルボッコされる。
ストーリーはよく分からん。
そんなプレイスタイル。
01:26 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP




| このページの先頭へ |

ブログと管理人について

あきんどー

Author:あきんどー
ゲームプレイ日記がメイン。



安西先生 ゲームがしたいです



【好きなモノ】
総プレイ時間表示
オープニングデモ
2周目引継ぎ
チェックポイント(コンティニューポイント)
ボス戦

【嫌いなモノ】
時間制限イベント
無限ループ
強制スクロール
ロード時間


当ブログはリンクフリーです。

カレンダー

03 ≪│2012/04│≫ 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カウンター

カテゴリ

ブログ内検索

シュタインズ・ゲート 比翼恋理のだーりん

twitter_bg2.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。