ゲーだらプロク

ゲームだらだらプレイ録の略、ってレベルじゃねぇぞ!

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP


【FF7】プレイ日記その41【アーカイブス】

『FF7インターナショナル』 ] 2010/01/31(日)

3ヶ月ぶりのFF7の記事!

うん、まだFF7をやっていたんだよね。

せんすいマテリアのAPカンストに向けて作業に作業を重ねていたのである。

前回の記事では924万まで貯まっていた。
それからさらにコツコツと貯めて、1456万6226APまで貯まった。
攻略サイトによるとカンスト値は1677万7215AP。
そう、ゴールは近い!

もちろんカンスト値ぴったりにしたい。
つまり端数を合わせなければいけない。
ギルをカンストさせた時は最後は1ギルのアイテムを売ることで調整できた。

でもAPは1ずつ増やすというようなことは出来ない。
だから、ここで敵を吟味し調整する必要が出てきた。

まずはカンスト値と現在の値との差を求めた。
1677万7215-1456万6226=221万0989

マジックポット1体のAPがちょうど1000なのである。
だから1000以上の値はマジックポットのみをたおすことで簡単に調整できる。

つまり問題となったのは下3桁の989。

このAPをちょうど稼がなければならなかった。

これはなかなか難しい。
まずは解体真書をみて敵のAPを調べる。
ほとんどの敵のAPの一の位は0か5だ。
9稼ぐのが面倒だった。


何度も敵のデータを見る。
そして発見。
コスモエリアの敵がちょうどよさそうだ!

キキキアチョとゴーレムはどちらも22AP。
グリフォンは25AP。

キキキアチョが2体のみで出てくることはない。
が、キキキアチョ2体とグリフォン1体のグループで出現することがあった。
これでちょうどよい。
こいつらを倒して完了…と思ったが獲得AP3倍の武器を装備していたという凡ミスを犯す。
リセット。
もう一度同じ敵のグループを待つがなかなか出ない。
しょうがないからキキキアチョをやめてゴーレムに変更。
ゴーレムもグリフォンも1体ずつ出てくることがあるから計算が楽。
ゴーレム2体(22×2=44)+グリフォン(25)=69

989-69=920
下一桁を0にすることが出来た。
あと920稼ぐ。
ここからは簡単。
まずゴブリンを6体倒す(20×6=120)
920-120=800
あと800稼ぐ。
アーリマンのAPが100なので8体倒す。
これで端数の処理完了。

説明分かりにくいかなぁ、やっぱり。
一応俺の行動したとおりに記述したんだけど、分かりにくいだろうなぁ。


というわけで現在のAPは1460万5215AP。
P2010_0131_182823.jpg

これからはマジックポットだけを倒し、アーリマンやムーバーなどの敵を倒さずにいけばカンスト値になる!

ちなみに今の1460万APとはどのくらいか、他のマテリアと比べてみよう。

以前ギルを稼ぐときには「ぜんたいか」マテリアをたくさんmaster状態にした。
それに必要だったのは3万5000AP。

せんすいマテリアをのぞいた全てのマテリアで一番APが必要なのはナイツオブラウンド。
必要だったのは50万AP。
ナイツオブラウンドを30個master状態にすることができるくらいの値。

これで1460万APというのがかなりの労力が必要だということがわかってもらえるかと思う。

よし、なんとかカンスト値まで頑張りたい!
スポンサーサイト
20:01 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP


【ドラゴンクエスト5】プレイ日記その11【PS2版】

『ドラゴンクエスト5』 ] 2010/01/31(日)

エンディングを迎えたことでやれることが大幅に増えたぞ。

んー、隠しダンジョンが増えただけだが、俺がちょっとだけ制限プレイをしていたのでね。
制限解除なのだー。
これからは隠しダンジョンに行くのはもちろんのこと、
他にもカジノ・すごろくをやり、モンスターを仲間にし、レベル上げをやり、といろいろやりたいのである。

俺はゲームはエンディングを見てからが本番だと思っている。
楽しいんだ。
集めたり、育てたりってのはすっごく楽しい。


よし、まずは隠しダンジョンに行こう。
おー、敵強いなー。
特にヘルバトラーの攻撃は強烈だ。
エスタークの前まで行き、戻ろうと思っていた。
でも全滅してもいいや、とりあえず敵の強さを知ろうと思い直し話しかけた。
そしたら「私をほろぼすためにやって来たのか?」と問われて「いいえ」と答えたら戦闘にならなかった。
むんむん、やっぱり怖いからもうちょっとパーティを強化したらまた来るぜー。


次はすごろく。
すごろく場は全部で5つ。
まずはセレブリティパスを手に入れる為に暗黒のすごろく場のクリアを目指す。

20回くらいでクリア。
このすごろく、俺はまったく面白さを感じない。
ダイスを目押しすることもできず、戦略の欠片もない。
ただルートを決めるだけ。あとは運任せ。
なんでこんなゲームつけたんだろうと前から思っている。

その後他の3つのすごろく場もクリア。
特にいいアイテムが手に入るわけでもないが、クリアしたっていう達成感がほしい。

隠しダンジョン内のすごろく場はエスタークを倒してからじゃないと遊べない。
前回プレイしたときにクリアしているけど、すっごく難易度高いんだよなー。
あれをもう一度やるってのを今から想像するだけで嫌になる。
でもクリアしないとプチターク仲間にならんしなぁ。


よし、次はモンスターを仲間にするぞ。
魔界のフィールドでグレイトドラゴン、ホークブリザード、キラーマシンを狙う。
グレイトドラゴンが欲しいのだがなかなか仲間にならず。
以前はキラーマシンを狙っていたら3匹仲間になったからすぐに起き上がると思ったのになぁ。


ずっと同じ場所での戦闘は飽きる。
同じ味では飽きがくるからスパイスは適宜変えなければならないのだ。

というわけで世界中をふらふら。

キングスライムー!
P2010_0122_054343.jpg

スライムベホマズンー!
P2010_0122_061530.jpg

コロマージ!
P2010_0122_092939.jpg


うむうむ、仲間が増えていくのは嬉しいのぅ楽しいのぅ。


よし、もう一度魔界だ、いざ行かん!

そしたらびっくり!
キラーマシンが起き上がったよー!!

これは予想外。
びっくりしちゃって一番写真を撮るべきキャラなのに撮り忘れた。
人間ってびっくりするとそういうもんだべ。

前回はけっこう粘っても仲間にすることが出来なかったから嬉しいよー。
ロビンこれから頼むぜー。
モンスターボックスで調べたら28体目で仲間になっていた。
1回の戦闘で平均2体だとするとたった14回の戦闘。
攻略サイトによるとキラーマシンの起き上がる確率は1/256とのことだ。
うぉーい、ここですっごい運を使ってしまった気がするぞー。

次はグレイトドラゴン狙うぜー。

プレイ時間:約40時間
01:37 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP


【おいでよ どうぶつの森】おもひで

その他(DS) ] 2010/01/29(金)

昨日DSと『おいでよ どうぶつの森』のことをちょっと書いたからね。
今日はがっつりと『おい森』のことを書いてみようかな。

『おい森』はDSで初めて買ったソフトだ。
ニンテンドー64やゲームキューブで発売されていたときから興味はあったんだけど、ハードを持っていなかった。
だからDSと同時にどうぶつの森デビューをしたんだ。

そのときは日本で500万本も売れるソフトになるとは思ってなかったなぁ。

どうぶつの森シリーズはライトゲーマー向きのゲームだよね。
俺のようなコアユーザーがやるようなゲームではないと思うんだ。
実際通信を頻繁にしていた時期に出会った人は半分以上女性だったからね(もちろん実際に確認は出来ないが)。
でも俺はすっごく楽しめたんだよ!

このゲームのキーワードは「スローライフ」
ゲーム内に敵などいないし、目的も自分で決める。

かわいい村の住人達とお話しましょう。
住人にプレゼントを贈ったり、頼みごとを受けたりして仲良くなりましょう。
釣りや虫とりをしましょう。
お金を稼いで家を大きくしましょう。
家具を集めてインテリアを楽しみましょう。
服をコーディネートしましょう。
花を育てましょう。

楽しみ方はたくさんある!
こうやって要素を挙げてみるとやっぱり女の子向きのゲームだなぁと思うね。
実際に妹はすっごくハマって、俺以上に毎日プレイしていたよ。

俺はアイテムを集めるのが楽しかった。
ものすごい数のアイテムがあり、カタログを埋めるのが楽しかったのだ。
でも以前に開発者のインタビューで「全部集めようと思わせない為にたくさん用意しました」というようなことを読んだ。
そう、開発者は目的を強要したくなかったんだ。
あくまで目的は人それぞれ。そういうゲーム。

俺は3年間も遊び続けた。
最初の2年はほぼ毎日プレイした。
その後3年目は毎日ではないけど、コツコツプレイした。
プレイ時間が表示されないゲームだから詳細は分からないけど、400~500時間くらいプレイした感覚はある。
それでもアイテムは全部集まらなかったよ。

調べてみた。
ある個人ブログによると魚・虫・写真を除いて2039個ものアイテムがあるらしい。
すげーよなー。

そうそう、2年もプレイするとやっぱり飽きてくるんだよね。
だから3年目はいろいろなことをして遊んだよー。

最初は普通に写真を集めたなぁ。
住人とすっごく仲良くなるとそのキャラクターの写真が貰える。
それをたくさん増やそうと頑張った。

いくつあるのかな?久しぶりに起動してみよう。



うわー、やっぱり家の中はゴキブリだらけだ~
写真は28枚あった。
これが多いのか少ないのかは『おい森』の遊び方で人それぞれ変わるから一概には言えないかなぁ。


それからたまーーーにUFOが空を飛ぶ。
ジョニーというやつに出会えるのだが、本当にレアキャラ。
こいつをパチンコで打ち落とすとアイテムがもらえる。
これも全部集めようと頑張ったなぁ。
結局全部集められなかったよ。
ジョニーからもらえるアイテムは9個所持していた。
つまり3年プレイして9回しか会えないようなキャラ。


他にもハニワを山ほど集めたり、タンポポの綿毛の花畑(日本語としておかしいが)を作ったり。


ドドーン!
「どうぶつの森はアダルトなゲームだった!」
924425804_16.jpg

これを子どもに遊ばせていいでしょうか?


ドドーン!
「どうぶつの森はいじめを助長するゲームだった!」
924425804_90.jpg

住人の周りの地面を掘ってどこにもいけなくすることができる。
好きな女の子にいじわるをするのは小学生男子ではよくあること。

もちろんこんな意地悪をすると嫌われる。
924425804_27.jpg

どうぶつの森の会話のバリエーションは本当に豊富である。



そうそう、数ヶ月前にクラブニンテンドーからポイントと交換したグッズが届いた。

どうぶつの森収納箱。
P2010_0129_214826.jpg

カタログでは大きさが分からなかった(書いてあったのかもしれないけど確かめなかった)から、意外と大きくてビックリ。
大きさ比較の定番はタバコだが、俺はタバコを吸わないのでDSのソフトケースを一緒に撮影。

んー、何に使えばいいかな?
ダンボール紙で出来てるから、耐久性はそんなになさそうだしね。
適当に扱うとつぶれそうだし、湿気にも弱そうだ。
遊ばないゲームソフトでも収納しようかね。
21:57 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP


【ラブプラス】プレイ日記その1

『ラブプラス』 ] 2010/01/29(金)

ずっと手元になかったDSの帰還の報告だー!

うおー
P2010_0129_010352.jpg

俺のDSはデカぞ、古いぞ。DSi LLじゃないぞ、初代DSだぞ。
初代DSの悪口は、いいぞもっとやれ!!

これは『おいでよ どうぶつの森』が発売されてすぐに買ったから、2005年の年末に買ったってことだな。
もう4年経つのかー。
まだ脳トレなどのDSブームが起きる前に買ったからね、先見の明があったと言ってもらいたい。
それに俺は初代DSの大きさが丁度いい。
妹のDS Liteをプレイしたけど、大きさもボタンの押す感触も初代が好き。
これが壊れたらまた新品の初代DSが欲しいくらい初代を愛してるぞ。
ストラップも『おい森』のキャラクター。コーヒーの店のマスターだね。
P2010_0129_010420.jpg




よし、『ラブプラス』の話にいくぞー(全くネタバレを見たくない人はこれ以上は見ないほうが無難かもしれません)

www29atwikijp.jpg

DSが戻ってきたので早速始めてみた。


友達パートは普通の恋愛ゲームみたいに相手の興味を引き好感度を上げていくわけか。
で、このゲームの本質は恋人パートにあるらしい。
普通なら恋人になってエンディングで終わりだが、このゲームはそこからが本番。
恋人とのイチャイチャを楽しむものらしい。
俺はやっと友達パートが終わったところなのでまだこいつの実力は分からんが。

しかし恐ろしさの片鱗は味わったぜ。
DSだからマイクとタッチペンをつかう。
女の子に話しかけたり、タッチしたりキスしたりするだぜ。
でね、イベントで「愛してる」って言わないと先に進まないところがあったんだよ。

ひどい。

何が悲しくて機械に向かって「愛してる」といわねばならんのだ。
俺も頑張ったよ、あがいたよ。
「ああああ」って言ってごまかそうとしたんだけど、音声認識システムは優秀だね。
ダメだった。

結局、言ったよ。2回も。
そうしないと先に進まないんだもん。
一人だったけどすげー恥ずかしかったわー。

このゲームは人の前では絶対に出来ない!

ちなみに彼女は凛子ちゃんだ。
26435417.jpg

俺が誰を選ぶのか興味がある人がいるみたいだからね。
どうですか?予想通りでしたか?
ちなみにこれを貸してくれた友人曰く「予想どおりだわ」

年下でツンデレ。
うん、ばっちり好みだー
髪型が特徴的だよね。


なんとなーくの第一印象で凛子ちゃんに決めたけど、やべー
かわいい。
初対面でこっちが年上なのに、名字の呼び捨てで呼ばれるところなんて堪らないっ!
素直じゃない性格がかわいすぎる。


プレイ状況をちょっと書いてみよう。
最初はパラメータをあげるだけで、あまり変化のない状態が一時間くらい続いて退屈だった。
凛子ちゃんの声も思ったより低かった。

でもだんだん面白くなる。
相手の対応が変わっていくのが面白いね。
その辺は既存のギャルゲーと一緒かな。

54日目で初デート。
それから一緒に登下校するようになった。

説明書に「100日までに告白されないとゲームオーバー」と書いてあったから不安になった。
50日の段階でパラメータが半分くらいだったからだ。
100日までにパラメータをMAXにしなければいけないと思ったのだ。

でもそうじゃなかった。
相手の好感度(内部パラメータかな?)が高くなれば告白してくれるんだね。
71日目で告白されたよ。

今日はちょっとだけ恋人パートをやってやめたよ。
やり方が変わるみたいだから説明書を読まなきゃいけないかな。
友達パートでもうすでに何度もニヤニヤしてしまったので、これからが怖いぜ。
01:19 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP


【ドラゴンクエスト5】プレイ日記その10【PS2版】

『ドラゴンクエスト5』 ] 2010/01/28(木)

古いゲームだからネタバレ全開ですよ。



魔界に突入。

まずは魔界で唯一の町、ジャハンナへ行く。
ここはモンスターじいさんもいるし銀行もあるしこれからの拠点となる場所だ。

お金が5万6000G貯まっていたので装備を整える。
でもここまでくると一つの装備の値段が高いから全員強い装備にすることは出来なかった。
ザオラル、ザオリクを使える主人公と息子の装備を重点的に。

ラストダンジョンへいざ行かん!
道中でグレイトドラゴンが仲間になればいいと思ったが、すぐにラストダンジョンについちゃうね。
ラストダンジョンではモンスターは絶対に仲間にならない仕様だしね。
魔界のフィールドでちょっと粘ればグレイトドラゴンは仲間にできると思うんだ。
でもやっぱり行き当たりばったり方針をできるだけ守りたい。

そんなわけで、主人公・息子・ゴーレム・シュプリンガーの4人で行く。
ゴーレムは呪文や息系に弱いけれども、それを差し引いても体力・攻撃力は申し分ない。
シュプリンガーはちょっと力不足。
まあ頑張れ。


道中の雑魚はさほど苦労しなかったな。
すぐにラスボスに到着。

デデン!
P2010_0122_020549.jpg


第一形態は難なく撃破。
もちろん第二形態がある。

デデデン!
P2010_0122_021700.jpg

デカイよ。
画面におさまってないよ!

安全重視で戦う。
やっぱりこのゲームは息系の攻撃が強いなぁ。
フバーハはこのゲームでは中盤以降必須の呪文だね。
いてつく波動ですぐに消されるが、めげずに何度も唱える。
回復も危なくなる前にどんどんベホマを使う。
ルカナンを頻発してきてかなり防御力を下げられるが、向こうは呪文と息の攻撃が多いので途中でスクルトはやめた。
いてつく波動ってルカナンも解除されるのかしら?

時間はかかったがラスボス撃破だ!

ふー、心地いい達成感だ。

感動のエンディングへ。
主要な町をめぐりみんなに挨拶。
そしてスタッフロール。

P2010_0122_030542.jpg


クリアタイムは31時間04分だった。
30時間でクリアできるんだねー。
50時間くらいかかると思っていたけど、案外あっさりとクリアまで走り抜けることが出来た。



全体を通して感想をちょっと書こうかな。

うん、すごく面白かった!
一ヶ月弱で駆け抜けることが出来た。
俺にとってはかなりのハイペースだよ。

クリアしたのは今回で2回目。
スーファミ版はやったことないんだよね、俺ってゲームにハマったのってプレステ以降なんだわ。
スーファミも持っていたけど家にあるソフトは5本くらいだからねー。

一度クリアしたのにまたやろうとしたのには理由が3つほどある。
まずは、ストーリーがとても面白かったから。
二つ目は、仲間になるモンスターや結婚相手によって2度目のプレイでも楽しめると思ったから。
そして三つ目が一番の理由。
戦闘のテンポがものすごくいいから。
戦っていてストレスにならない。
相手のアクション(さそうおどり等)が完全に終わる前にこちらの攻撃になったり、
呪文の演出もくどくなく丁度よく、どの攻撃をしてもすっごく快適。
こういうオーソドックスなRPGってのは戦闘をそれこそ何千回も繰り返すわけだから、戦闘のテンポは大事だよ。
ドラクエ8では自分たちの動きが増えて残念だなぁって思ったもん。
リアルだから、派手だからいいってわけでもない、そういう俺のような考えの人もけっこういると思うんだ。
20:21 | トラックバック:0 | コメント:2 | 先頭 | TOP


【ドラゴンクエスト5】プレイ日記その9【PS2版】

『ドラゴンクエスト5』 ] 2010/01/27(水)

おっとそうだ、まだブオーンを倒していなかった。
最後の鍵を手に入れるために倒さねばならぬ存在だ。

さっそく挑んだ。
実は記事にしていないが、ボブルの塔に行く前に一度戦いを挑んでいる。
そして完敗を喫していた。

今回はゲマと同様にスクルトとフバーハとファイトいっぱつ(バイキルト)でがんばった。
向こうはスカラを頻繁に使って自分の防御力を上げてくる。
それにたいしては「天空の剣」を使い(いてつく波動の効果がある)スカラを解除。
うんうん、こういう戦い方がドラクエらしくて楽しいね。

危険な状況に陥ることもなく完勝!
最後の鍵を入手。


次はマスタードラゴンに乗って大神殿に突入だ。
主人公とヘンリーがドレイとして働かせられた苦い経験のある場所だ。

ここさ、入ると勝手に人間キャラがパーティに組み込まれるんだ、なぜか。
主人公・息子・ゴーレム・シュプリンガーがスタメン。
なのに娘が勝手にパーティに入ってきて、シュプリンガーがパーティから外される。
何度試してもダメだった。

しょうがないから、娘を連れて行く。
娘は全然使ってないからレベルが低いんだよ、HPも攻撃力も全然戦力にならない。

苦肉の策として娘にどくばりを装備させる。
3人パーティのつもりで進み、どくばりで運良く敵を一撃で倒せたらラッキー、そんな気持ちで進む。

娘はガンガンレベルが上がった。
途中でイオラを覚えたらかなり戦力になった。
しあわせのぼうし(歩くとMP回復)を装備させているから無限に呪文がうてる。

そしてボス戦。

なぜかボスのイブールが馬車の仲間を呼び寄せてくれる優しさ。
だから娘を馬車に収容し、シュプリンガーを出して戦った。
ここで気づく。
あ、娘をルイーダの酒場にあずければモンスターを連れて行けたんじゃないか?
娘はずっとつれて歩くって自分で決めていたから、そんな考え浮かばなかったよ。

イブールはなかなかの強敵だった。
こちらはスクルトとフバーハとバイキルト。
しかし向こうは頻繁にいてつく波動を放ってくる。
うんうん、後半のボスの定番だよね。

自キャラの強化と敵による解除、攻撃と回復、言ってしまえばこの繰り返しなんだけどそれが楽しいんだよね。
時間はかかったがイブール撃破!

命のリングを手に入れた。
そしてフローラの救助完了!

その後は封印の洞窟に行く。
クリアに必須の場所ではないが、強いアイテムが多く手に入った。
エルフのお守り、まじんのかなづち、おうじゃのマント、どれも使えるね。

よし、次はいよいよ魔界に突撃だ。
21:00 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP


【ドラゴンクエスト5】プレイ日記その8【PS2版】

『ドラゴンクエスト5』 ] 2010/01/26(火)

天空城を浮上させるためにはゴールドオーブが必要だ。
そのためには迷いの森へ行き、そこから妖精の城へと行く必要がある。

うがー、迷いの森がみつからない!
トロッコ洞窟も攻略サイトを見たんだから、これもすぐ見た。
ダンジョンで迷いながら、MPを気にして苦労して進むってのは楽しい。
でも、フィールドを空とぶじゅうたんでさまようってのはただイライラするだけだな。


妖精の城で昔のサンタローズへ。
少年の主人公を探せばいいんだよね、と思ったのだが見つからない。
はい、またまた攻略サイトー
どうやら村人全員に話しかけないといけないらしい。
めんどくさいなー
誰だよ、町の人全員と会話してみたくなるRPGだなんて言ったのは??
俺だよ。
プレイ日記その6で書いちゃってるよ。


次は天空城を動かしてボブルの塔へ向かう。
もうイライラしっぱなしだからすぐに攻略サイトで場所を見た。

ボブルの塔でまたしてもゲマ。
こいつがすごく強かった。

めちゃくちゃ強かった。
メラゾーマとはげしいほのおで猛攻を受ける。
しかも2回行動。
どんどんHPを削られ、MPが無くなる。
エルフの飲み薬、いのりの指輪を使い切る。

それでも倒せない。
せかいじゅの葉も2枚使い切る。
それでも倒せず、全滅。

貴重なアイテムをたくさん消費してしまった。
リセットしようか迷ったが、ダンジョンでけっこう経験値を稼いでいたのでそのまま続けることにした。
うーむ、負けると分かった段階で、粘らずにすぐに全滅したほうがアイテム消費しなくてよかったなぁ。


こりゃすぐにリベンジしても勝てそうに無い。
お金稼ぎとレベル上げしよう、仕方ない。
ボブルの塔ではゴールデンゴーレムが出るのでお金はどんどん貯まる。
シルバーデビルから2個エルフの飲み薬を手に入れることが出来たのも嬉しかった。
息子のレベルが30になりベホマラーを覚えたのも心強い。
それから攻撃力が足りないと感じたので、バイキルトの効果があるファイトいっぱつを10個ほど購入。
バイキルトが使える娘はスタメンじゃないからね。全然レベルが高くないのよ。


これで準備万端。
いっくぜー。
おお、バイキルトの効果は絶大だ。
しかし敵の攻撃はやはり強力でどんどんMPがなくなる。
ここで主人公のマホキテ。
このマホキテがかなり役に立った。
こんな呪文使うと思ってなかったよ。
今回はけっこう余裕でゲマを撃破できた。


ボブルの塔攻略完了。
マスタードラゴンと対面。

今回はここまで。
プレイ時間:約25時間
20:13 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP


【Kanon(京アニ版)】感想その12

アニメ感想 ] 2010/01/25(月)

第23話と第24話の感想、最後に全体を通しての感想的な。
ネタバレ注意。



【第23話】
雪の中を倒れているところを誰かに助けてもらう祐一。
誰だ?

それは大人の真琴だった。
え、誰?
どういうこと?
意味分かんない。

お互いに過去に面識があるみたいだし。
んんー、ホントにどういうことか分からないぞ。
こんなのゲームにあったっけ?

まあ、もう超展開だから、気にしたら負けなんだよな、
そう言い聞かせてあまり細かいことは気にしないことにした。
だいたいどのキャラの話も半分ファンタジーだしね、そういう作品なんだよ。

その後はあゆがかわいいー
かわいいー
かわいいー
そういう展開。

あゆに再開。
「また会えたな。
 ほんとにこれでお別れなのか?
 だったらせめて三つ目の願いを言ってくれ。
 俺に最後の願いを叶えさせてくれ!」


「そう…だね…
 お待たせしました、ボクの最後のお願いです。
 ボクのこと…ボクのこと忘れてください。
 ボクなんて最初からいなかったんだって、そう思ってください。」


そして消えてしまうあゆ。
うわーん、あゆーー!!

まあ、そんな第23話でした。


【第24話】
メインヒロイン総出演。
やっぱり栞も元気になった。
秋子さんも復活。

やっと祐一が全ての記憶を取り戻し、あゆが病院で意識不明の状態であることを知る。

でも元気に復活。
Kanon 第24話 「夢の果ての追復曲 ~kanon~」 (704x396 DivX651).avi_001300549

髪を切りすぎちゃったあゆ。
もともと小学生の男の子に見えると祐一にからかわれていたが、さらにボーイッシュに。
ボーイッシュかつロリ。
うむ、どちらも好きな俺にとってはサイコーだ!!

全部が全部ハッピーエンドだったなぁ。
うん、面白かったよ。


【全体を通して】
この作品、第一話の感想を書いたのは去年の3月の始めである。
2クールのアニメを見るのにほぼ1年もかかってしまった。

俺はやっぱりゲーム専門でアニメはそこまで好きじゃないんだろうなぁと再認識。
あー、ゲーム版をクリアしていて展開が分かっていたから先が気になるってことがなかったってのも要因かも。

アニメ自体はとても丁寧に作られていてとても楽しめた。
ストーリーを知っていても十分に楽しめる。
背景などはすごく綺麗。
俺は新潟出身だから雪の景色は見飽きてるほど見ている。
雪に覆われた町などとても自然に雪が表現されていてとても良かった。

展開についてはゲームをほぼ忠実に再現しているね。
栞の声優が違うのだけは残念だったが、途中で慣れる。

これはゲーム自体への批判になるが、どのシナリオも「キャラクターの危機(死ぬとか消えるとか)→奇跡の復活」というパターンばかりなのはどうかと思う。
それがテーマだと言ってしまえばそれまでなのだが、毎回同じようだとやはり少し退屈に感じる。
真琴だけは(死ぬわけじゃないが)本当に主人公の前から消えてしまうのでいいと思う。
泣ける。
だから真琴が一番好きだ。

時間はかかったけど最後まで見ることができて満足。
冬に最終回を見れたのは、計画通りだ!!!!

よし、今年の夏は『Air』をみようかな!
21:16 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP


【Trials HD】プレイ日記その2

『Trials HD』 ] 2010/01/25(月)

難易度HARDがとても難しい。

それでも少しずつ少しずつステージをクリアしていった。
リトライ回数はほとんどのコースが100回以上だ。

そしてHARDの一番最後のKing of the Hillというコースで詰まった。
まずは一番最初の障害物が何度やってもクリア出来なかった。
繰り返し繰り返し挑戦。
やっぱりロード時間がないのが素晴らしい。

最初は越えられたのだが、3つめあたりのチェックポイントの先が何度やってもダメ。
リトライ回数250回を超えてもダメ。
「残り250回です」と表示された。
このゲームはリトライ回数500回で強制終了なのだ。
400回を超えてもダメ。
制限時間もあって30分で強制終了なのだ。

結局28分、リトライ500回で強制終了となってしまった。
難しすぎる~

これさ、一人で黙々とやるゲームなんだしリトライ前提のゲーム設定なんだから制限時間などはいらないと思う。
このゲームはとてもよく出来ている。
すごく丁寧な作りだ。
でもこの制限だけはいらないと思うなぁ。

気分転換に、BIGNNERとEASYの金メダルを取ることに挑戦した。
EASYはちょっと時間がかかったが、どちらも全部金メダルを取ることが出来た。


そして、またHARDの最後のコースに挑む。
やっぱりダメ。
よし、上手い人のリプレイを見てみよう、とランキング上位の人のリプレイを見てみた。
とりあえず1位の人のものを見てみたが、レベルが違う。次元が違う。
とても真似できない。
500位くらいの人のほうがいいのかなーと思ったけど、どうせミスは0回、やっぱりすげー上手い。
世界は広いのぅ、兄ちゃん。
そしてもう一つ驚くことがあるわけで。
500位の人のリプレイも見れちゃうんだよ。
一つのコースで何百人ものリプレイを保存してるってのがすごい。
普通は上位10位くらいまでしかリプレイって保存しないもんじゃないかなぁ。

リプレイは画面内の動きだけでなく、隅にその人のキー入力まで表示される。
いつアクセルをいれていて、どのように体重を移動してるのかがわかるわけだ。
すっごく便利。
そのまま真似すれば完璧なわけだが、そう上手くいくわけでもないけどなー。

とりあえず20人くらいのリプレイを見たぞ。
よし、いざリベンジ。

リプレイの効果は絶大だ、今まで越えられなかった場所を越えられた!
その後も難所続きだったが、なんとかクリア。
リトライ回数は173回だった。

これでHARDは一応クリア(銅メダル)。

次はEXTREMEが待ってるぜ。
まだ怖くて挑戦してない。


トータルでスコアを計算してるみたいで、世界での順位が分かる。
49万3967位だった。
なんだ、この数字(笑)
ちなみにランキングに登録されているのは全部で約73万人だ。
世界で人気のゲームってのは数字が半端ないな。

よし、まだトーナメントもほとんどやってないし、まだまだ楽しめそうだ!


これまでに解除した実績は以下。
・最初のトーナメントをアンロック:10G
・1 度のクラッシュでバイクを完全に破壊し、かつ全身を骨折:5G
・ゴールド メダル級のパフォーマンスを 5 回以上披露:15G
・難易度 HARD のコースをすべてクリア:20G

合計:50G
19:52 | トラックバック:0 | コメント:2 | 先頭 | TOP


【ドラゴンクエスト5】プレイ日記その7【PS2版】

『ドラゴンクエスト5』 ] 2010/01/24(日)

ふっふふ~♪
やっと息子と娘と冒険できる時が来たぞー。

あ、そういえば書き忘れていた。
息子と娘の名前よ、名前。
生まれたときに決めろっていきなり言われるから考えてないとそこで1時間くらい止まっちゃうよね。

俺はね、グリとグラにしようと最初は考えていたんだ。
ね、日本人なら誰でも知ってるし。
でもドラクエ5を進めていくうちに本気でこのゲームを楽しんでいる自分に気づいて、
グリとグラっていうネーミングじゃあちょっと感情移入できないよなぁと思い始めた。
ちゃんと名前をつけねば!そう思ったのである。
でもすぐにいい名前なんて思いつかない。

結局前回のプレイの時と同じものをつかった。
息子がユリスで娘がモニカ。
『ダーククロニクル』というゲームの二人の主人公の名前なのである。
『ダーククロニクル』は大好きなゲームの一つ。
今はレベルファイブが嫌いだが、この頃のレベルファイブは好きだった。
これを機にメーカーやシリーズ全部を好きになるのはやめようと思ったのだが、
そのことについては語ると長くなるのでこれ以上は書かぬ。



エルヘブンに到着。
魔法のじゅうたんを手に入れる。
行動範囲が飛躍的に広がる!


おや、どこに行けばいいのだ?と少し迷うがなんとか天空への塔を見つける。
息子のレベルがガンガン上がって楽しい。
ケンタウラスが仲間になる。

ここでスタメン争いが熾烈に。
息子は強いから確定。
あと二人。
娘は要らない。どくばり要員。
スライムナイト、ケンタウラス、メッサーラ、オークキング、キメラが二つのイスを奪い合う。
結果、ケンタウラスとメッサーラが勝利。
スライムナイトはずっとがんばってくれた。お疲れ様。

天空への塔でマグマの杖を手に入れる。
岩をとかせるぞ、と爺さんが言うのだがどこだが分からず。
むー、これって誰かがヒントくれるの?
それとも世界をじゅうたんで回って自分で探すのかな?
俺はサクッと進めていきたかったので、ここで攻略サイトに本格的にお世話になることにした。


仲間になるモンスターはどれか、など忘れていた情報を入手。
でもダンジョン内の構造は見ないで進めていこうと思う。
さすがにダンジョンまで見ちゃうと楽しくなくなりそう。

トロッコの洞窟を突き進む。
天空城に到着。

おお、ここで少年時代のゴールドオーブの件が生きてくるわけか!
オーブを砕いたゲマのにっくき顔を思い出してしまう。

今回はここまで。
21:51 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP




| このページの先頭へ | 次のページ > >

ブログと管理人について

あきんどー

Author:あきんどー
ゲームプレイ日記がメイン。



安西先生 ゲームがしたいです



【好きなモノ】
総プレイ時間表示
オープニングデモ
2周目引継ぎ
チェックポイント(コンティニューポイント)
ボス戦

【嫌いなモノ】
時間制限イベント
無限ループ
強制スクロール
ロード時間


当ブログはリンクフリーです。

カレンダー

12 ≪│2010/01│≫ 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カウンター

カテゴリ

ブログ内検索

シュタインズ・ゲート 比翼恋理のだーりん

twitter_bg2.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。