ゲーだらプロク

ゲームだらだらプレイ録の略、ってレベルじゃねぇぞ!

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP


【ロックマン10】プレイ日記その5【XBLA】

『ロックマン10』 ] 2012/03/23(金)

実績解除のため、またイージーモードでニューゲーム。


「NO COFFEE BREAK」 E缶・M缶・W缶を使わずにクリア  10G
「WORLD WARRIOR」 敵を全種類倒した  5G
「HARD ROCK」 ボス部屋までノーダメージで到達  20G

上記3つの実績を解除。




残り3つ。
ノーミスクリアとノーダメクリアとハードモードクリア。

ノーミスは残機を失わなければよいのでなんとかなりそうだが、ノーダメは一度でもダメージを食らうとダメ。
ノーダメは難しいそうだな。
ノーダメが達成できれば、自然とノーミスも達成できる。



というわけで、またまたイージーモードでニューゲーム。
ポンプマンステージをクリア。


ポンプマンの武器はとても便利。
ウッドマンやスターマンの武器のようなシールドタイプ。
雑魚敵の攻撃の多くをを防いでくれる。


次にポンプマンの武器が弱点であるソーラーマンのステージに挑戦。
3回ミスした。
今日は終わり。

先は長いな。最後まで行けるかどうか。
スポンサーサイト
02:19 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP


【ロックマン10】プレイ日記その4【XBLA】

『ロックマン10』 ] 2012/03/19(月)

実績解除のため、イージーモードでニューゲーム。


とりあえず60分以内でのクリアを目指す。
イージーモードは敵の攻撃パターンや出現数が易しくなっているためサクサク進む。
なにより、大半の穴が塞がれているので即死の危険がとても少ない。
ロックマンは穴とトゲが厄介なのでコレはかなーり楽。




40分くらいでクリアした。
ノーコンティニュークリアも同時に達成。

「BLUE BOMBER」 60分以内にクリア  10G
「TENACIOUS」 ノーコンティニュークリア  20G


そのあとに、途中データをロードし、ヘルメットを脱いで8大ボスに突撃。
ヘルメットを脱ぐとダメージが2倍になる。
縛りプレイをするために用意された要素かな。

「HEADBANGING」 8大ボスをヘルメットなし状態で倒した  20G



まだいくつか解除しやすい実績があるから頑張る!
実績解除を主目的でゲームしたの久しぶりだ。
あまり実績を追いすぎても心が疲れるが、たまには積極的に実績を解除するのも楽しい。
増えていく実績を見る、それがとても楽しい。
00:31 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP


【ロックマン10】プレイ日記その3【XBLA】

『ロックマン10』 ] 2012/03/12(月)

操作キャラはロックマンとブルースのどちらかを選べる。
途中で変更は不可。
以前ロックマンで8大ボスを撃破するところまで進んでいた。
しかし、ワイリーステージが難しくてやめた。



ブルースで別のデータを作り最初からプレイした。

ロックマンとブルースは性能に違いがある。
ロックマンはチャージバスターとスライディングができない。
ブルースはチャージバスターも打てるし、スライディングもできるし、ジャンプしているときは盾を勝手に構えてくれるから敵弾を跳ね返す。



順調に8大ボスを撃破。
とにかくクリアを目指す。
キツい時はE缶をすぐに飲むし、ボスの弱点もガンガン突く。


ワイリーステージ。
やはり辛い辛い。


やっぱりファミコンテイストを再現したロックマンは難易度も高くなってるなー。
気を抜いたらHPゼロになるもんなー。
ファミコンのころはやっぱりボスの攻撃力が高く設定されているんだなー。
まだE缶飲まなくても大丈夫だろって安心してると死んじゃうもんなー。


んー、一人のボスにE缶3個は使いすぎだなー。
攻撃力高すぎじゃないかなぁ…

やっぱり、一撃で減りすぎだよな…


調べた。
ブルースはチャージバスターとスライディングができる代わりに、防御力がロックマンの半分なのか!
つまりダメージ2倍か!


ワイリーステージの2面でようやく気付いた。

バカー!


しかも、購入できるアイテム(E缶やW缶)の値段もブルースのほうが高いじゃないか。

あほー!




結局、ロックマンのデータをロードした。

こちらもワイリーステージの攻略からだからちょうどいい。



受けるダメージが半分になった。すっげー楽。


ワイリーステージの後半はそれでもE缶、W缶をがぶ飲みしたけど、ラスボスを撃破しエンディングに到達。
やったね。


購入から1年半。
達成感がとても大きく、気持ちいい。
21:53 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP


【ロックマン10】プレイ日記その2【XBLA】

『ロックマン10』 ] 2011/01/03(月)

お正月なのでね、弟と久しぶりにゲームをする時間を設けることができた。。

箱○で何か協力プレイをしようと思ったんだけど、オフcoop出来るソフトってあまり持ってない。
オンラインがメインで設計されているソフトが多いしね。

買ったけどほとんどプレイしていない『Halo: Reach』を分割でやるのもいいかもしれない。
でも、弟は最近ゲームしていないらしいからな。RPSはキツか。

XBLAの『'Splosion Man』か『Castle Crashers』の方がいいかな。
そう思っていた。

でも弟が興味を持ったのは『ロックマン10』だった。
俺が小学生時代の時に大好きで毎日プレイしていたってことは、弟も隣で相手もプレイを見て、2人で交代しながら楽しんでいたということ。

弟は箱○に触るのが初めだ。
やはり慣れないのは決定ボタンとキャンセルボタンの位置だね。
それから、セレクトボタンを押そうとしてシイタケボタンを押してしまうこともおおいね。


ロックマンシリーズは兄弟2人とも大好きで、小学生のころはヒマさえあればやっていた。
ステージもボスもパターンを覚えてサクサククリアが当たり前。

俺「俺達はロックマンって難しいイメージないでしょ?どうやら一般的にはかなり難しい部類のアクションゲームらしいよ」
弟「えー、ホントかよ?だってロックマンで苦労するのなんてワイリーステージのボスくらいでしょ。」

俺「だから、俺達が今ロックマン10をプレイして簡単に感じるかどうか考えてみようぜ」


こんな感じで弟が先にプレイ開始。

ニトロマンのステージに苦戦しつつも、ボスに到達。
フルボッコを喰らいすぐにゲームオーバーになること数回。

弟「つ、強いな。全然倒せる気がしないわ。
グラビティーマンはアホみたいに弱かったのになー」
俺「グラビティーマンは攻撃を受けるほうが難しいわw」

弟はニトロマンをあきらめ、チルドマンのステージへ。
すべる床+即死の穴のコンボになす術なく、戦略的撤退。


弟「難しいな。以前のシリーズはこんなに難しかったかな。
俺らが衰えたのか、それとも俺らがメインでやっていたFC版5,6が比較的簡単だったのか。」


弟「ダメだわ。他のやつもクリアできる気しねぇ」

そこで俺はチャレンジモードをやるように勧めた。
最初からボスに突撃できるモード。
これはいい!

チャレンジモードなんだから、ノーダメージクリアを目指すためにあるのかもしれないが、これはプラクティスモードと捉えて問題なかろう。


弟がニトロマンに50回以上挑むが、力及ばず。
疲れたのか、俺がヒマそうに見てることに申し訳なくなったのか、俺にコントローラ渡してきた。

よしっ!見せてやる!!

弟の戦闘を何十回も見てたからね、けっこうスムーズに動けた。
弟は敵の体力5分の1も減らせないけど、俺は残り5分の1まで減らせる。

俺のお手本を見て弟がリベンジするが返り討ち。
俺は何度目かの挑戦で撃破。

ちなみに、ロックバスター縛りでやってる。


その後は俺が畏怖の念こめて悪魔と呼ぶソーラーマンとのバトル。
こいつ、強すぎるんだ。
俺の攻撃は1発しか当たらない(体力の1メモリしか減らせない)のに、敵の攻撃は全て避けられず瞬殺。

弟にやらせてみた。
お、意外と頑張る。

弟は大きな発見をした。
ロックマンのボスと戦うときにロックマンを左右に動かしたり、ジャンプさせたりすることは多い。
むしろ、十字キーをニュートラルのまま戦うことは稀だ。勇気もいる。

しかしソーラーマンが体当たりを積極的にしかけてこないことを発見したので、出来るだけ開幕から動かず、動くソーラーマンを狙い打つ作戦に。
これがなかなか有効だった。

ただたまに体当たりがくると、ペースを乱され、一気に負ける。

やっぱり強い。

そこで俺はある提案をした。
弟はたまにしてくる体当たりをなんとか避けようとしていた。
しかし、体当たりを常に想定していると他の行動でもミスしてしまう。
俺の提案は、「避けようとしない」ということ。
十字キーの左右は入れない。
体当たりしてきたら、そのダメージだけは甘んじて受け入れる。
ダメージ後は無敵時間があるので、連続してダメージをうけることもない。

やってみたら、あっさり勝てた。
運の要素は大きい。
体当たりを多く仕掛けてきたら間違いなく負ける。
でも弟も同じ戦法で撃破できたので、なかなか使える戦法かもしれない。


その後、シープマン、ブレードマン、ストライクマンにもロックバスターのみで挑んだが、弟は数回のミスの後に見事に撃破した。



3時間くらい交互にプレイしていたんだけど、すげー面白かった。
敵のパターンを覚えていくのが楽しい。
そして、「ここは部屋の隅にいれば当たらないんじゃない?」とか「この攻撃は受けちゃってそのあとの無敵時間で抜けちゃおう」とか作戦を立てるのが楽しかった。

二人が大好きなロックマンシリーズの最新作だったってのも大きい。
大好きなシリーズ。
子どもの頃は1日で簡単にエンディングを見れた。
そのシリーズをまた小学生の頃のように2人で騒いで遊んだ。


ロックマン10は出来が突出しているというわけではないだろう。
ファミコン風グラフィックだしね。

もちろんゲーム内容は大事だ。
でも、そのゲームをプレイする気分とか、予備知識とか、一緒に遊ぶ人とか、外部の要因で感じ方はとっても変わる。
この日の3時間はとっても濃厚な3時間だった。

また来年の正月にでも、何か二人で遊びたいわ。
23:46 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP


【ロックマン10】プレイ日記その1【XBLA】

『ロックマン10』 ] 2010/07/10(土)

先日買った『ロックマン10』をやってみた!

特徴は、前作『ロックマン9』と同様にファミコンテイストのグラフィックとサウンドであること。
チャージバスターとスライディングもない。

ロックマンシリーズは俺が子どもの頃に弟と二人で熱中した大好きなシリーズ。
ファミコン版は2~8までプレイしたことがある。
ゲームボーイ版は2~4までプレイしたことがある。

だから古いファミコンテイストは個人的には大歓迎。
ジャンプやショットのなどのロックマンの挙動も同じ(だと思う)で違和感なくプレイできた。
スライディングは欲しかったかな。
どうしても攻撃を避けるときにスライディングの操作(十字キー下とジャンプ)をしてしまい、ジャンプが暴発してしまう。


さて、プレイ状況。
まず最初に難易度と使用キャラクターを選ぶ。
難易度はもちろんノーマル、イージーは今作から導入されたロックマン初心者用の難易度だからね。
キャラクターはロックマンとブルースを選べる。
もちろん最初はロックマン。


まずはブレイドマンのステージを選んだ。
理由は左上にいたから、それだけ。
ノーミスでは無理だったけど、ボスまでは思ったより簡単に行けた。
ただボスのブレイドマンが強かった強かった。

最初はこっちのHPが満タンでも、敵のHPを10分の1しか減らせなかった。
パターンが読めない。
20回くらい死んで、ようやく3分の1くらいまで減らしてから死ねるようになった。
少しずつパターンを読めるようになるのは楽しい。
結局E缶を1つ使って倒しちゃった。


次は、ソーラーマンのステージに挑戦。
道中が難しくてボスに行く前にリタイア。

次は、チルドマンのステージに挑戦。
地面が凍りのすべるステージ。
苦手だ。
ここもボスに行く前にリタイア。


次は、ニトロマンのステージに挑戦。
お、ここは結構簡単にボスまで行けた。
やっぱり道中が難しいステージのほうが、ボスが強いステージより精神的にキツいな。
ニトロマンも強かった。
やっぱりE缶1つ使ってクリア。

まあ最初はE缶使ってもいいよね。縛りプレイのつもりもないし。
システムとして、古い作品からあるものだしね。

プレイ時間1時間半で2体撃破か。
遅いかな。
まあ楽しいからいいや!


うん、『ロックマン10』すげー楽しい!
ファミコンやゲームボーイシリーズをやってない人にはオススメできないけど、以前にプレイしている人なら十分楽しめると思う。
15:39 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP




| このページの先頭へ |

ブログと管理人について

あきんどー

Author:あきんどー
ゲームプレイ日記がメイン。



安西先生 ゲームがしたいです



【好きなモノ】
総プレイ時間表示
オープニングデモ
2周目引継ぎ
チェックポイント(コンティニューポイント)
ボス戦

【嫌いなモノ】
時間制限イベント
無限ループ
強制スクロール
ロード時間


当ブログはリンクフリーです。

カレンダー

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

カテゴリ

ブログ内検索

シュタインズ・ゲート 比翼恋理のだーりん

twitter_bg2.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。