ゲーだらプロク

ゲームだらだらプレイ録の略、ってレベルじゃねぇぞ!

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP


【ブレイザードライブ】プレイ日記その3

『ブレイザードライブ』 ] 2011/01/04(火)

エンディングを迎えた。
プレイ時間37時間。

面白かった。

小さいミッションをこなしていく作りなので、サクサクとプレイできる。
敵に負けたらミッションをリアタイヤするか(拠点に戻りカードを買ったり、パートナーを代えたりできる)、その敵の直前からやり直せるか選べるのもいい。


ストーリーは展開が読めるくらい王道なんだけど、分かりやすくて俺は好き。

敵「俺の野望を止めるな!」

主人公「許さない!それならミスティッカーで勝負だ!」

みたいな展開ばかりだけど、それでいいと思う。


カウンター攻撃の時にキャラクターの体からオーラが出たり、体力がわずかになるとヘロヘロになるけどテンションが上がったり、そういう演出が見ていて気持ちいい。
攻撃力が上昇するエフェクトとか、カードが破壊されるエフェクトとか、そういう細かいところが丁寧なんだよね。
ゲーム好きが気持ちいいと分かるツボを知っているというか。


ただ1ターンで何回も画面をタッチしなければならないのは、バトルを連続でこなすゲームではつらい。
カットインの有り無しを設定で変更できたら良かった。


このソフトは売り上げは全然なので、今更対人戦はできないと思うけど。
バランスはどうなんだろ?

俺はCPU戦をゴリ押し戦法ばっかりだったからなぁ。
多分、対人戦だと全く違ったデッキ構成にしなきゃいけないと思う。
CPU戦でも十分に面白いのは褒めるべき点。


エンディング後にエクストラミッションが現れたし、カードをコンプリートするなど目標もある。
しかし、エンディングを迎えると一気にモチベーションが下がることが多いからどうなることか。
スポンサーサイト
20:33 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP


【ブレイザードライブ】プレイ日記その2

『ブレイザードライブ』 ] 2010/12/30(木)

すげー楽しい。
プレイ時間25時間くらい。
7章まで進んだ。

戦闘してカードを買ってデッキを調整して、また戦闘して。
ずっとこの繰り返しなんだけど、カードゲームってのはそれで良い!

デッキ構成で悩む時間が楽しい。


すっごく面白いんだけど、不満点もある。
一番は操作性。

タッチペンのみでも操作できるけど、十字キーとボタン操作も可能。
キャラクターを動かすときはやっぱり十時キーの方がいい。

DSのソフトなんだから、タッチペン操作はあってしかるべきなのかもしれないが、ボタン操作が不可能な場面が多いのがストレス。
戦闘画面は独特だから、タッチペンでもまあ許容できる。

しかしデッキ調整画面はボタン操作したかった。
300種類以上あるカードの能力と自分のデッキを照らし合わせるときに、いちいちカードをペンで指すのはかなり煩わしい。


一番便利なのは、全ての操作をタッチでも出来て、ボタン操作でもできることなんだけどねー。
キャラクターを十字キーで移動できて人との会話はAボタンでできるのに、メニューは画面の右上をタッチしなければならない意味が分からない。
スタートボタンでメニュー開けよ!


前回出会ったステキろりろりなキャラクターはアップルという名前で仲間になった。
アップルを激写したので、それで溜飲を下げるんだ、俺。


P2010_1226_113138.jpg

P2010_1226_113241.jpg

P2010_1226_121226.jpg
17:59 | トラックバック:0 | コメント:2 | 先頭 | TOP


【ブレイザードライブ】プレイ日記その1

『ブレイザードライブ』 ] 2010/12/27(月)

10ヶ月も前にワゴンで新品980円だったDSの『ブレイザードライブ』を始めた。
ずっとDSをつかってなかったので、『ラブプラス』がスロットに入ったままだった。
ちょっと『ラブプラス』を始めてみたらリンコにすげー怒られた。
ただリンコはツンツンなところが魅力の一つなので、怒られるのも快感だったり、とかなんとか。


『ブレイザードライブ』の話。
カードゲームのようなバトルで、丁寧な作りの隠れた名作、とかなんとか。


ミスティッカーという、「貼り付けた場所にエネルギーを生み出す」シールが生活に欠かせないものとなっている世界が舞台。
火のミスティッカーを貼ってこすると火を起こせて、光のミスティッカーを貼ると明るくなる、そんな世界。

これを腕に貼って戦う力があるのがブレイザー。
悪事を働く野良ブレイザー(ノラブレ)を退治するのが、主人公達でガーディアンという。

ミスティッカー自体は誰でも使えるけど、腕に貼れるのはブレイザーっていう魔法使いだけ。
多分そういう設定。



パッケージには「ミスティッカーバトルRPG」と書いてあるけど、作りはしっかりとしたカードゲームだ。
ルールが斬新だから最初は戸惑うけど、これは好感触。

カードをドローして、自分の腕を強化して戦う。
1ターンに両腕1枚ずつ(2枚)しか貼れない。
片方の腕に最大4枚まで貼れる。

すぐに強いカードは貼れない。
強いカードは3枚目以降にしか貼れないなどの縛りがある(いわゆるコスト)。


ここまで世界観とかシステムを俺の文章で書いてみたんだけど、どう考えても公式サイトやその他個人の攻略サイトを見たほうが分かりやすい。
このブログでは、バランスや難易度について個人的に感じたことを褒めたり、怨みつらみを書き連ねればいいのよね。


10時間ほどプレイしたけど、今のところバランスは良好。
ストーリーを進むごとに新しい要素を教えてくれるので、ルールは複雑だけどすんなり遊べる。

雑魚敵が弱いのは良くもあり悪くもあり。
初期デッキからほとんど変更なしに10時間も進めるのは簡単すぎるかも。

でも、難易度が高いカードゲームだと、弱い雑魚を見つけてそいつだけと何十戦もして、新しいカードをたくさん手に入れてデッキ強化を余技なくされるからなあ。
テンポの良さを考えたら、このくらいの易しさでいいのかも。


主人公のライバルキャラがとてつもなく中二病で素晴らしい。
普段は日本語なのに決めセリフは英語という、どこかの中学生テニスプレイヤーの様。
必殺技の時は「I can fly! End of the world!」ですよ。
ゲーム全体がそういう雰囲気なので、そんなに違和感がない。

今3章なんだけど、メインクエストの途中でステキろりろりなキャラクターが出現。
P2010_1225_212119.jpg

こいつが仲間になりタッグを組めるキャラクターになるのか。
それは俺の今後のモチベーションを左右するのに重要。
説明書の扱いを見ると、10人中6番目に紹介されているので、うーん微妙なライン。
21:26 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP




| このページの先頭へ |

ブログと管理人について

あきんどー

Author:あきんどー
ゲームプレイ日記がメイン。



安西先生 ゲームがしたいです



【好きなモノ】
総プレイ時間表示
オープニングデモ
2周目引継ぎ
チェックポイント(コンティニューポイント)
ボス戦

【嫌いなモノ】
時間制限イベント
無限ループ
強制スクロール
ロード時間


当ブログはリンクフリーです。

カレンダー

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カウンター

カテゴリ

ブログ内検索

シュタインズ・ゲート 比翼恋理のだーりん

twitter_bg2.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。