ゲーだらプロク

ゲームだらだらプレイ録の略、ってレベルじゃねぇぞ!

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP


【XIゴ】プレイ日記その1

その他(PS2) ] 2010/11/02(火)

以前から安く売っているのを発見したいなーと思っているリストをブログで書いている。
備忘録みたいなもん。
中古ショップでリストにある作品を見つけた。

PS2の『XIゴ』だ!

XIゴ(サイゴ)XIゴ(サイゴ)
(2002/12/19)
PlayStation2

商品詳細を見る


中古で1500円で購入!
安いよ!安いよ!
………安いよ…ね?


中学生の頃に初代の『XI』をけっこうやっていた。
アイディアはいいんだけど、もっとこうしたらいいのに、っていう不満点もあった作品だった。

それが『XI』→『XI JUMBO』→『XIゴ』
と三作目でどんな変化を遂げているのか知りたくなった。


もう決意の強さが違うね!
XIゴ=最後、なわけで、もうどんなに好評でも続編は出ません、シリーズ最後を飾りますってわけだ。
まあ裏を読むと、もうサイコロ転がすゲームではアイディア尽きました、ってことなんだけど。


うーん、久しぶりにPS2本体が起動したなー。
PS2のソフトが増えたのも久しぶりだー。

ブログ内記事で俺の所持しているPS2を全部リスト化して100本目指そうぜ、ってのをやった。いや、今現在進行形。
このリストを作ったのは2008年の11月だ。
この時点でもしかしたら返ってこないだろうなーと思っていたソフトが6本。
そして2年が経ち、かえってきたソフトはモチロン0!

この状況を簡単に考えていいのでしょうか?
俺が貸したら間違いなく返ってこないわけですよ。
『ANUBIS』とか『大神』はかなりの良作だから返して欲しいー
『AIR』はもう一度プレイしたいとはそこまで思わないけど、BGMモードで夏影聞きたいー
『AIR』の前にそいつに『Ever17』を貸したらパッケージの中にソフトはちゃんと入っていたけど、説明書がなくなっていた。
だから『AIR』の時はあらかじめ説明書は貸すときに読ませ、こちらで説明書は保管しておいたっ!
これで上手くいくはず。そしたらどうよ?
パッケージもソフトも返ってこねぇー!!

まあ、またやりたくなったら買えばいいんだけどね。
どうせ、2000円程度で買えるものばかり。
プレミアがついているのは貸しちゃダメだな。

以前友人に『moom』やら『アストロノーカ』(どっちも4~5000円くらい)を貸したことがあったけど、返してくれた二人はいいヤツだったんだー。
いや、これが普通なんだよなー。


俺の友人でゲームもアニメも大好きだが、純文学も大好きだというやつがいる。
夏の夜にマックで二人で雑談してたんだ。
んで、俺はトイレに立ち、そして席に戻った。
友人はその数分間でカバンから小説を取り出し読書を始めていた。
俺「何よんでるんだ?」
友人「大江健三郎」
そういえば前から言っていたな、大江健三郎が好きだって。

んで、夏の夜のダメな男のトークですよ。
友人「あー、今年の夏もダメだなぁ。お前は楽しそうだわー。俺は全然何にも起こらないわー。出会いがないよっ!」
俺「まあ、本とか会話のきっかけになるからね。ただ、女の子が『あっ、何読んでるんですか?』って聞いてきて『あー、大江健三郎だよ』って答えても絶対に会話が先に進まないよね」
友人「まぁ、な……」


友人「ゲームが好きな女の子ならいいかも」
俺「あーじゃあ女の子が『どんなゲームしてるんですか?私はテイルズとかポケモンとかです。』って聞いてくるよね」
友人「俺はフロムのソフトが好きだね。キングスフィールドの難易度の高さと雰囲気の暗さにゾクゾクするね。アーマードコアもすっごい迫力あるし、ロボ好きのつぼを押さえてるよね。
あっ、あとアトラスも好きだよ。女神転生シリーズの暗さがたまらないね。難易度が高いのもやりごたえあるよねー」
俺「うん、やっぱダメだ」



この友人と借りパクについて話をした。
友人は本を借りパクされることが多いのだそうだ。
「貸した本の話になっても、あいつ絶対返すっていいださないんだよなー。忘れてるのか、ホントに自分のものにするつもりなのか。
俺の本に比べたら、ゲームはまだ対処できていいよ。だって高いのが返ってこないとしても5000円とか、高くて1万でしょ。なんとか同じ物は手元に入るでしょ。
俺は初版本を貸しちゃうわけ。3万とかの。いや3万でヤフオクで同じ物が手に入るなら3万失ったっていいんだよ。
ただ初版本ってのはもう市場に流れてない場合もあるんだよ。これは泣けるって。
だから、貸す場合は同じ3万の初版本をまず手に入れてから、「差し上げる」つもりで貸すようになった」

「いや、貸すなよ!」



『XIゴ』の感想はまた今度~♪
スポンサーサイト
23:48 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP


【真・女神転生III NOCTURNE マニアクス クロニクルエディション】プレイ日記その2

その他(PS2) ] 2010/06/11(金)

このゲームの特徴は、プレスターンバトル。
以下、ウィキペディアから転載。

このシステムは、敵・味方それぞれのターンにキャラクターの数だけプレスターン・アイコンというものを割り当て、その個数分だけ行動できるようにしたものである。相手の弱点を突いたり何もせずに次のキャラクターに回したりすると、プレスターン・アイコンの消費量が抑えられ、より多くの行動を取ることができるようになるので有利になる。逆に攻撃を無効化されたり吸収されたりするとアイコンが大量に消費されるので、行動できる回数が減って不利になり、最悪の場合プレイヤーが何もできないまま全滅してしまうことさえある。


このゲーム以降のメガテン系シリーズ(ペルソナとか)でも同じようなシステムあるよね。
敵の弱点をつくと有利となるシステム。

単純に言うと、味方がクリティカルを出すと攻撃回数が1回増える。
逆にこっちが弱点をつかれると、相手の攻撃回数が増える。
クリティカルを出されただけでパーティはヤバい状態になるのに、さらに敵のターンが増えるという恐ろしいシステム。
バックアタックされて敵の先制攻撃から、相手のクリティカルの連続でこっちは何もできずにゲームオーバーなんて日常茶飯事。
2ちゃんねるには「真・女神転生3で全滅したら上がってくるスレ」なんてのも存在するくらいだ。

あ、マニクロはまだ6時間程度しかプレイしていないけど、無印のメガテン3は30時間くらい前にプレイしているんだ。
うん、クリアしてない。
今回はクリアしたいね。


以下、プレイ状況。

シンジュク→シブヤ→ギンザと順調に進めていた。

ギンザでロキの手下のトロールとバトル。
もうね、全然ストーリーとか展開とか覚えてないのよ。
ここでボス戦があるとは思ってなかった。

トロールの暴れまくりという技が強かった。
複数のターゲットに物理攻撃。
これを連発されてこっちは回復だけで手一杯。
たまに攻撃しないと勝ちは見えないので攻撃するが、結局そうなると回復が追いつかず負けた。

単体回復のディアだけだとキツいのか。
そう思ってちょっとレベル上げたらイヌガミがメディアを覚えた。
全体回復技。
これでかなり余裕が出来て勝てたー。


次に出会ったボスはマタドール。
こいつクソ強かった。
最初に出会ったときは、マハザンで4人中3人がクリティカルを受け瞬殺された。
パーティメンバーの弱点を同じにしておくことは危険だ、って以前も思ったのに俺は何をしてるか。

悪魔合体で、衝撃吸収のノズチを作る。
主人公のマガタマも衝撃無効にする。

敵は2回行動だが、1回目にマハザンを撃ってくれれば2人はノーダメ&敵の2ターン目消滅。
これで回復しつつ攻撃。
ンダ系(敵のステータス低下)を唱えてもデクンダ(ドラクエのいてつく波動っぽいもの)で無効にされるし。
強い。
2回行動&いてつく波動なんてドラクエでは後半のボスしかしないぞ。
でもジワジワと相手のHPを削って勝てるかなーと思ったら、後半で攻撃形態変わった。

気合い⇒血のアンダルシアで味方全体に物理属性の大ダメージというコンボでこっち全員瀕死。
回復アイテムの宝玉輪(全員を全回復)で頑張る。
宝玉輪を2コ使って辛勝。
非売品の宝玉輪が全部無くなっちゃった。
負けるかと思った。


これからはもっとスキルを厳選していかなきゃダメだなー。
カジャ系が欲しい。
メディアも持ってるやつが1匹だからつらいなー。
18:09 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP


【真・女神転生III NOCTURNE マニアクス クロニクルエディション】プレイ日記その1

その他(PS2) ] 2010/06/08(火)

まず最初に!
ゲームのタイトルが長い!!

ええっとだね、まず最初に『真・女神転生シリーズ』の3作目である、『真・女神転生III-NOCTURNE』が発売された。
メガテン3って言えばコレのことかな。

次に期間限定で『真・女神転生III NOCTURNE マニアクス』が発売された。
これはなんて略すんだ?
普通にメガテン3マニアクスか。

これはPS2のプレミアソフトの筆頭株で、中古でも1万円以上していた。
ゲームバランスが良く、市場に出た数量も少なかったからだと思う。
その評判を聞き以前から欲しかったけど、さすがに手が出せなかった。

で、その後に『真・女神転生III NOCTURNE マニアクス クロニクルエディション』が『デビルサマナー 葛葉ライドウ 対 アバドン王』の初回版に付属される形で発売された。
これはメガテン3マニクロなんて略されているのを見たことがある。

俺はマニクロを買ったわけ。
マニアクスにはカプコンの『Devil May Cry』のダンテが登場している。
メガテンシリーズはアトラスの作品なので、メーカーの垣根を越えた形で、こういう例は少ない。
その版権の問題等があったのだろう、マニアクスは再販の希望がたくさんあっただろうが再販はされなかった。
マニアクスでのダンテが、マニクロでは葛葉ライドウに代わっている。


俺の友人のアトラス大好きっ子は、「マニアクスは神ゲー、これをプレイしてあとはもうPS2を片付けていいよ」とものすっごい褒めていた。
「ダンテとの追いかけっこが楽しいから、マニクロではなく、お金を出してでもマニアクスをプレイすべき」と言っていた。


マニクロもプレミアソフトになるのかどうか?これは判断がつかなかった。
プレ値がつくなら発売日に買うが、価格が下落するならどうせ積みゲーになるんだから中古待ちだな、そう思った。
発売日に買おうか迷った。
迷って迷って買わなかった。

発売して数ヶ月経って、どうやら市場には余っているらしいぞと分かった。
中古が普通に出回っている。
4000円くらいになった時についつい買っちゃった。
気づいたらレジの前にパッケージ持っている自分がいた。


やっぱりさ、ゲームソフトが高騰するのか、それとも出荷過多で値崩れを起こすのかってのは判断なかなか難しいね。
多分、マニクロもプレ値になるだろうと思ってたくさん買った転売屋がいると思うんだ。

自分が所持しつつ、それがプレ値になるってのはけっこう気分がいいものではある。
…だけれども、やっぱりプレイしたい人が普通の値段で手に入れることが出来るのが望ましいよね。


ここからはもうメガテン3の話じゃなくなるだけどさ。
コアなユーザーが多い箱○のソフトで最近プレミアがついたもので『シュタインズゲート』の限定版がある。
コアなユーザーが多くても、これに希少価値がつくと思った人は少なく、発売されて数週間は普通に売っていた記憶がある。
だがゲーム内容がとてもいい評価を得て、限定版の値段がうなぎのぼり。
これはユーザーも転売屋も読めなかったと思われる。

そんな状況で、同じ制作陣の『カオスヘッドらぶChu☆Chu!』が発売された。
限定版も発売された。
きっと転売屋はたくさん買ったのだろう。
『シュタインズゲート』が高騰したのだから、『らぶChu☆Chu!』も高騰するに違いない、と。
小売もたくさん仕入れたのだろう。
その結果、今度は市場に余る形になった。
amazonでは現在55%offだ。

まあ、転売屋が喜ぶよりはいいよね。

なんでこんなことを考えたのか。
つい先日予約を開始した『ラブプラス+』の限定版が非常に入手困難だというのを知ったからだ。
今は転売屋は大きな組織で動いている、と思われる。
一人のユーザーがパソコンで頑張っても、数十人体制でずっとパソコンの前でスタンバッているプロにはかなわない。
第一、公式サイトでは平日の昼間に予約開始をしたらしいので、パソコンを起動すること自体難しかった人も多いのでは。


本当に欲しいユーザーの手に渡らないこと、ゲームをやる者としてはこんなに悲しいことはない。
結局どうしても欲しいユーザーはヤフオクなどで通常よりも高いお金で買うことになる。

俺はゲームソフトを楽しめればそれでいい、新品じゃなくてもいいし、グッズやサントラにもほとんど興味ない。
だから、こんなに書いたけど8割他人事。
でも、限定版を常に買う人は辛いだろうなぁ。
完全受注生産がユーザーにとっては望ましいけど、売る側からしたらそれも問題があるのかなぁ。

なんだかんだで、プレ値があるソフトを持ってる優越感も捨てがたいし。
限定版をみんながみんな持っていたら、そりゃ限定版じゃないという根本的な問題もあるし。


まいいや、今夜もゲームやろうぜ!!


プレイ日記その1といいつつ、全くプレイ状況を書かずに終わっちゃった。
4時間ほどプレイした。
その2は書くかどうかわからない。
気分次第、天気次第。
21:50 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP


ファントム ~ PHANTOM OF INFERNO ~

その他(PS2) ] 2009/03/28(土)

4月から始まるアニメの一つ。
Phantom 〜Requiem for the Phantom〜

原作がPCゲームなんだよね。
で、それがPS2に移植されてる。

ファントム ~ PHANTOM OF INFERNO ~ (初回限定版)ファントム ~ PHANTOM OF INFERNO ~ (初回限定版)
(2003/05/22)
PlayStation2

商品詳細を見る


面白いという噂を聞き、さらにそれが中古にしては高値がついていることで気になっていた。
そして2年前くらいにゲーム屋で見つけたときすぐさま保護してあげた。

5000円もしたけどね。


もちろん俺のことだから買っただけで満足した。
まあコレクションの一つだよね。
10分くらいはプレイしたぞ!


でもさすがに5000円のゲームを未プレイのまま積んでおくのはもったいない。
アニメ化でいいきっかけが出来た。


というわけで、1章が終わるところまでプレイした。
なかなか面白い。

記憶がなく、暗殺者として生きていくことを余儀なくされた男が主人公。
ノベル系アドベンチャーだね。
恋愛ゲーではない、今のところは。

ナレーションもボイスがあるから、オートに設定しておくとボタンを押さなくてもストーリーが進んでいく。
選択肢もほとんどない。
ゲームらしさはないけど、ストーリーを楽しむ作品はこういう作りもアリだと思う。


面白いんだが、俺が最後までプレイするのかが甚だ疑問である。
過去の記事でもギャルゲーを書いたことあるけど、
『My Merry May with be』の時『メモリーズオフ それから』の時
ちょっとやってやめてるんだよねぇ。

俺はノベル系のゲームは向いてない気がするよ。
今回はギャルゲーじゃないからいけるかなぁ。
00:50 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP


【メモオフ それから】エンディング見たー

その他(PS2) ] 2008/12/29(月)

ちょっとした気の迷いで『メモリーズオフ それから』をやった。

多分これ、ナンバリングされてないけど、メモオフの4作目だと思う。
5、6と出てるし、4ないし。


これ、買ったのはすげー前。
で、その時にプレイして縁ってキャラだけクリアしてた。
一人エンディング見てやめちゃったんだよね。

今日は二人目のエンディング見たー。
藤原雅さんを攻略することにした。

共通ルートで選択肢によって、個別ルートに入る。
でも個別ルートに入るまでが大変だった。
1回目、2回目と違うヒロインのルートに入ってしまうんだもんなぁ。
今回は、雅さんを攻略しようと決めてたから、雅さんルートに入るまでやり直した。
で、3回目でやっと個別ルート突入成功!

あとは、相手の喜びそうな選択肢を選んでいけばグッドエンドだぜ・・・

とは、上手くいかないんだもんなぁ。
3回連続バッドエンドだよ。
なんなんだよっ、選択肢選ぶだけのゲームで何でこんなに失敗するんだよっ。

イライラがつのって、結局攻略サイトのお世話になった。
でもさ、こういうゲームって攻略サイトみたらあとは読むだけになっちゃうよね。
それじゃあゲームの「ゲーム部分」が全く無くなっちゃうんだよなぁ。

なんか虚しいね。

とにかく、グッドエンド見れたわ。

雅さんはお嬢様のクールガールで、不器用な恋ってかんじで面白かった。


んー、続けてこのゲームをするかは微妙だなぁ。
19:30 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP




| このページの先頭へ | 次のページ > >

ブログと管理人について

あきんどー

Author:あきんどー
ゲームプレイ日記がメイン。



安西先生 ゲームがしたいです



【好きなモノ】
総プレイ時間表示
オープニングデモ
2周目引継ぎ
チェックポイント(コンティニューポイント)
ボス戦

【嫌いなモノ】
時間制限イベント
無限ループ
強制スクロール
ロード時間


当ブログはリンクフリーです。

カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

カテゴリ

ブログ内検索

シュタインズ・ゲート 比翼恋理のだーりん

twitter_bg2.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。